反逆者のための
サプリメント日記

スマート・サプリメント情報をお届けいたします。受験生やビジネスマン、運命に挑むあなたのお手元へ。

カテゴリ : TORCH

運動する若い大人における、心機能へのE-OJ-01抽出物(アルジュナ エキス)の効果

Effect of E-OJ-01 on cardiac Conditioning in Young Exercising Adults:A Randomised Controlled trial.

PMID:27930383
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=27930383


Abstract
背景と目的:心臓の健康は運動パフォーマンスに影響を与えます。身体データをみると、最大心拍数の増加は持久力の増加をもたらします。

ターミナリア・アルジュナ(TA)は心血管の健康に様々な有益な影響があることが分かっています。

今回の研究は健康な若年男性におけるTA抽出物(E-OJ-01)の心臓の状態を示すマーカーへの効果を研究することです。


研究デザイン:ランダム化二重盲目試験の形式で行い、若年の運動を行っている男性にサプリメントとしてE-OJ-01を内服してもらったうえで、効果と安全性を評価しました。

32人の健康な男性(18-40歳)で持久性運動を行っているひとを対象に56日間400mgのE-OJ-01もしくはプラセボを内服してもらいました。

LVEF(左室駆出率)、右or左室MPI(myocardial performance index (←収縮能低下、拡張能低下のどちらでもMPI値が増大する))そして、Borg RPE(自覚的運動強度(←運動時の主観的負担度を数値で表したもの。

数値が低いほど楽、高いほどきつい運動となる))を研究開始前、内服後28日目、56日目で評価しました。

さらに、開始前および内服後56日目でCK-MBおよびトロポニンT値についても評価を行いました。


結果:プラセボ群と比較して56日目の時点でE-OJ-01内服群ではLVEFの有意な改善が認められ(P=0.0001)、また右室MPIの有意な低下も認められました。(P=0.001)

Borgスケールでとらえられる運動後の疲労度ではプラセボ群と比較してE-OJ-01内服群では減少が認められました。

CK-MBおよびトロポニンT値には有意な変化は認められませんでした。

結論:TA(E-OJ-01)は健康な若年男性において心血管能率をあげ、心臓の状態を改善することがわかりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、引用を終了。

アルジュナはインドの伝統医学の心臓のために用いられます。

その働きは科学的な実験にも表れているようです。

しかし、ドーピング検査を受けるアスリートは、その点、気を付けなければなりません。

日本ではあまり知られていないアルジュナはサプリメントとして手に入れることができます。

日本ではキロンのトーチ TORCHにアルジュナが配合されています。

▼アマゾン
https://www.amazon.co.jp/
▼楽天
https://www.rakuten.co.jp/

本日はちょっと趣を変えて、冷え性に悩む方へのご案内。

反逆的精神が冷え切ってしまうその前に。

これは日本人女性を対象にした(珍しい)エビデンス。



寒冷暴露の際の、アムラ(Emblica officinalis Gaertn.)抽出物を摂取することによる体表面温の回復と血流の回復  −ランダム化二重盲目試験―

Effect of Amla(Emblica officinalis Gaertn.) Etract Ingestion on recovery Body Temperature and Blood Flow Following Cold Stress.

Abstract
目的:今回の研究は、冷えに敏感な女性を対象として冷水暴露後の体表面温と血流の回復の程度を評価することです。

方法:32人のボランティアを対象にランダム化二重盲目試験の形で行いました。対象に、アムラを含むサプリメントもしくはプラセボを内服してもらいました。内服後2時間での冷水暴露後の体表面温と血流の回復について評価しました。

結果:アムラ抽出物を内服した群では体表面温と血流に有意な差が認められました。

結論:アムラ含有サプリメントには寒冷暴露後の体表面温と血流の回復を促進しました。この結果はアムラ抽出物が「冷え」を感じている人には有益なサプリメントである可能性を示しています。


Introduction
日本女性の1/3は冷えを感じていると言われています。男性よりも女性のほうが「冷え」を感じる割合が高く、年齢が上がるにつれて増加します。(一部省略)

Amla(Emblica officinalis Gaertn.)は何百年にも渡って重要な木として知られてきました。アムラは熱帯地方やインドやブルマの亜熱帯地方では一般的な木です。アムラは豊富なビタミンC、タンニンやgallic acid、ellagic acidといったポリフェノール、ケルセチンといったフラボノイド系を含んでいます。伝統的医療で、それは下痢や黄疸、感染などに対して使われます。(一部省略)

アムラは抗酸化物質としての側面も持っています。[13]in vitroでアムラは過酸化脂質を抑制してヒドロキシラジカルもしくはスーパーオキシドラジカルのスカベンジャーとして働く可能性が示されています。[14,15]


対象
20-40歳の健康な日本人女性85人としました。

Table2に該当する方(ワーファリン内服歴やすでにアムラを内服している場合、心機能検査などで今回の研究には不適だと思われた場合、今回の研究でアレルギーが出る可能性がある場合など)は除外しました。85人中、32人が対象となりました。過度の運動やダイエット、過食は避けるようにお願いしました。アルコール、お茶やエナジードリンクなどは摂取しないようにお願いしました。コーヒーやキムチ、しょうがは測定までに1,2回は許容しました。


調べたサプリメント
2カプセルを内服してもらいました。1つのカプセルにアムラ抽出物(200mg)デキストリン(7mg)、ステアリン酸カルシウム(2mg)、そして二酸化ケイ素(1mg)が含まれています。一方、プラセボ群のカプセル内にはデキストリン(207mg)、ステアリン酸カルシウム(2mg)、二酸化ケイ素(1mg)が含まれています。


3、省略


4、測定方法
被検者に25℃程度の室内で安静にしてもらい、サプリメントもしくはプラセボ420mgを200mlの水で内服してもらいました。90分後、その室内で15℃の冷水に3分両手をさらしてもらいました。さらした直後、5分後、10分後の体表面温そして血流を測定しました。

以下省略


結果 
32人の被検者をX群とY群とに分けました。脱落者などがありX群17人、Y群14人で比較しました。交差試験の形をとるため、第1ピリオドではX群にアムラをY群にプラセボを内服してもらい、1週間のインターバルを置いたのち、X群にプラセボを、Y群にアムラを内服してもらいました。

Table3が研究前、31人の被検者のデータです。年齢、体重、収縮期血圧、拡張期血圧、脈拍数、体表面温、血流など、両群で差は認められませんでした。


第1ピリオド終了後
Fig.2は寒冷暴露後の体表面温の回復を示したものです。寒冷暴露後、アムラ内服群の手背の体表面温回復がプラセボ群より早いことがわかります。5分後の測定でアムラ内服群は2.37±0.09℃、プラセボ群は2.00±0.17℃の上昇が認められ、その上昇の差は有意なものとなりました。指の血流に関しては、アムラ内服群では5分後の時点で12.33±0.69となり、プラセボ群の10.07±0.59と比較して有意に高いものとなりました。

第2ピリオド終了後の血流試験結果は明らかに違うものとなったため、交差試験の結果は評価できるものではないと結論付けました。
重大な副作用は確認されませんでした。


Discussion
(要約)アムラはビタミンCやガーリック酸、エラージック酸などといった抗酸化物質を含んでいます。局所を冷やすことによる皮膚の血管収縮はアドレナリンやノルアドレナリンメカニズムによっておこるものです。

そして、寒冷暴露早期(10分未満)ではすぐの血管収縮を引き起こすのはNE(ノルエピネフリン?)が惹起すると言われています。この反応は抗酸化物質によって緩やかとなることがわかっています。アムラは強力な抗酸化作用を有しており、その作用によって体表面温の回復や血流の増加を早めているのかもしれません。

その他のメカニズムの可能性として内皮NOの働きがあります。NOはNOS(NOシンターゼ)によって活性化され局所の血管収縮に関与し、皮膚温の上昇をもたらすことが分かっています。NOSはポリフェノール類によって活性化されます。よって、ポリフェノール類は血流を改善し、冷えの症状を緩和する可能性があります。

(一部省略)Karazawaらは、ミロスタゾール(血小板凝集作用と血管平滑筋弛緩作用のある薬)が冷水ストレスによる皮膚温の回復を早めたことを報告しています。[35]この結果により血小板凝集作用と皮膚温には関連性があることがわかります。

我々の研究ではアムラのcorilaginやその他のellagitannin componentsはin vitroでトロンビンによる血小板凝集を抑制し、それによりAPTTやPT時間を延長させることがわかっています。[36]

つまり、アムラには抗血栓作用があるということです。このellagitanninの作用によりアムラには寒冷暴露後の体表面温の回復作用があると考えられます。(以下省略)



以上、引用を終了。

日本のサプリで、アムラが入ったものはそれほど多くありません。

そんな中でもお勧めできるのは

キロンのトーチ TORCHではないでしょうか。

ポリフェノール40%以上で標準化されたアムラ エキスが配合されています。


またキロンのトーチには、アムラのほか、心臓の健康に良いアルジュナ、
抗ストレスで定評のあるホーリーバジル、スマートハーブのゴツコラも配合されています。

ぜひ、あなたの反逆的精神を、熱く蘇らせて下さい。

キロンのTORCHはアマゾンでも手に入ります。
▼アマゾン
https://www.amazon.co.jp/

インド地方の食卓にのぼるアムラは、心筋梗塞の予防をサポートする果実かもしれません。


成人を対象に 500 mg のアムラ エキスを、12 週にわたり摂取し、採血したという研究報告。


心血管系のリスクファクターを有すると思われる成人に対し、安全に、有益な効果をもたらす可能性がある、と報告しています。


PMID:25756303 http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25756303



その要約。


アムラエキスは


・悪玉コレステロールを下げ


・いわゆる血管年齢を守り


・血栓の形成をおさえる。


それらが心筋梗塞や脳梗塞をまねく要因であることはご承知のとおり。



つまり、食事がかたよりがちで、ストレスの多い方は、アムラエキスをご検討下さい。



アーユルヴェーダにおける有用な 「若返りの果実」 アムラについて、


その伝承を支持する研究報告は、ネットのなかでも容易に見つけることができます。


ほかにもコラーゲンや軟骨を守る。


認知機能を回復させたる。


中性脂肪を減らすことが期待できる、など。


それもそのはずかもしれません。


この果実はビタミンC、タンニン、ルチン、といった抗酸化成分を多く含んでいるからです。



たとえばビタミンC は、細胞の老化を抑え、免疫力を高めるその抗酸化作用が語られたりもします。


ところで、日本製のアムラエキスサプリメントは少ないようです。


そこで良質なアムラエキスサプリメントを見分ける、コツを併せてご紹介しましょう。



【 効くサプリメントはここを見る 】


「有効成分の含有率」 を確かめましょう。


たとえばこんな原料表示。

[1] アムラパウダー 300 (有効成分表示なし)

[2] アムラパウダー 200 (タンニン40%以上)



価格が横ならびなら [2] が良さそうです。


たとえばアメリカ製のラベルでは、こんな表記にご注目。


Amla Extract ○○○   ( または Amla Powder ) 


Tannins ○○ %   ← こちらです。




ちなみに、冒頭の引用論文で用いているのはタンニン 60 % 以上に標準化されたアムラエキス、CAPROS という商標です。




注意点が二つあります。


すべてのサプリメントメーカーがラベルの内容に対して、誠実であることを願うばかりです。


アムラの場合、タンニンのほかにも有効成分を複数もっていますので、それが唯一の指標とはいいきれません。


とはいえ、それが書かれていないのは困りものです。


サプリメントへの期待とは、有効成分にほかなりませんから。


アムラエキスに話をもどしましょう。



この果実エキス、キロンの TORCH に配合されています。


タンニン 40 % に標準化されたものが 3カプセル中に 300 。


また TORCH には、循環系の健康が期待できるホーリーバジル、ゴツコラ、アルジュナエキスも配合されています。


心臓の健康を守りたい方は、TORCH を検討されてみてはいかがでしょうか。
新torch %282%29

アマゾン、楽天などでも販売されています。
▼ amazon
https://www.amazon.co.jp


iStock_000019694745_Medium


アルジュナ エキスはインド地方に育つ樹木の皮から採れるエキスです。


アーユルヴェーダでは心臓に関係するさまざまな調合薬での主要な原料という地位にあります。


ただし、それは心臓を疲れさせる強心作用ではありません。


■ 動物での研究では様々なメカニズムで心臓を守ることが報告されています。


1.心筋に酸素を供給することでの心臓保護作用。(1)


2.心拍数を下げるはたらき、または、心筋の収縮をリラックスさせることによる保護作用。 ( これは陰性変時作用、そして陰性変力作用ともいう ) (2)


3.脂質と悪玉コレステロールを減らす。一方、善玉コレステロールを増やすことでの保護作用。(3) (4)


4.大動脈の収縮を緩やかにするという心血管からの保護作用。(5)




■ 臨床研究においてはこんな報告。


・狭心症の絞扼感 (こうやくかん) 、 しめつけられるような胸の痛みに対して有用である。


・心臓のリズムを正常化するのにも役に立つ。


・難治性うっ血性心不全、とくに、特発性拡張型心筋症の助けになる。(以上 6) 


など。



副作用について


アルジュナエキス 500 を1 日に3 回。


26 か月間摂りつづけても副作用はなかったとのこと。(6)  


注意点


心血管疾患、および、高脂血症の薬を服用している方は、摂取する前に医師に相談された方が良いでしょう。


ストレスは血管を収縮し、鼓動を早め、心筋からもエネルギーを奪います。


心臓保護サプリメントも検討されてみてはいかがでしょうか。




日本のサプリメントで、アルジュナエキスを配合しているのは、現在、キロンのトーチ TORCH だけのようです。

TORCH には、アルジュナエキスを含む四つの植物エキスが配合されています。


3カプセル中

・「アルジュナエキス 200 咫


・ 「ゴツコラエキス 200 咫


・ 「ホーリーバジルエキス 150 咫


・「アムラエキス 250 咫



ゴツコラは頭脳用のサプリメントでも知られていますが、循環系の健康もサポートすることが分かっています。


またホーリーバジルはメンタルの健康をサポートするアダプトゲンであり、

アムラには、ビタミンC、ポリフェノールが含まれれています。

そのどちらにも循環系健康をサポートするという報告もみられます。



キロンのトーチ TORCH は、
脳と心臓、メンタルの健康を守る、包括的なサプリメント、ということになるようです。
新torch %282%29


▼TORCH は Amazonや楽天でも入手できます。
https://www.amazon.co.jp

1)Dwivedi,S.,Chansouria,P.N.,Somani, P.N.,and Udupa, K.N. (1987). Influence of certain indigenous drugs on the Prostaglandin E like activity in the ischemic rabbit aorta. Indian Drugs,24 (8), 378-382.
2). Singh, N., et al. (1982). Mechanism of cardiovascular action of Terminalia arjuna. Planta Medica, 45:102-104.
3). Tiwari, A.K., Gode, J.D. and Dubey, G.P (1990). Effect of Terminalia arjuna on lipid profiles of rabbits fed hypercholesterolemic diet. Int. J. Crude Drug Res. 1, 43-47.
http://www.researchgate.net/publication/232052375_Effect_of_Terminalia_Arjuna_on_Lipid_Profiles_of_Rabbits_Fed_Hypercholesterolemic_Diet
4). Khanna, A.K Chander Ramesh and Kapoor, N.K. (1996). Terminalia arjuna : an Ayurvedic cardiotonic regulates lipid metabolism in hyperlipaemic rats. Phytotherapy Res. 10, 663-665
http://www.researchgate.net/publication/230186202_Terminalia_arjuna_an_Ayurvedic_Cardiotonic_Regulates_Lipid_Metabolism_in_Hyperlipaemic_Rats
5). Tripathi,Y.B.(1993). Terminalia arjuna extract modulates the contraction of rat aorta induced by KCI and Norepinephrine. Phytotherapy Res.7,320-322.
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/ptr.2650070413/abstract
6) Dwivedi, S. and Agarwal, M.P. (1994) Antianginal and cardioprotective effects of Terminalia arjuna, an indigenous drug, in coronary artery disease. J. Assoc. Phys. India, 42:287-289.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7741874

iStock-495803382

このページのトップヘ