反逆者のための
サプリメント日記

スマートサプリメントのご案内。

カテゴリ : CONCENT

ロディオラエキスとシベリア人参エキスは協同してストレス感を和らげることが期待できます。


シベリア人参エキスが β-エンドルフィンの産生を促し、気分を和らげることは、以前こちらでもご紹介しました。

atman.asia/archives/51955302.html


一方のロディオラエキスもシベリア人参エキス同様、モノアミンと β-エンドルフィンへのサポートが期待できます。


ラットでの実験では、皮質、脳幹、視床下部において、モノアミン量が増加を示したことが報告されています。(1)


モノアミンとは、ドーパミン、アドレナリン、セロトニンなどの、神経伝達物質の総称です。


うつ状態をひきおこす要因として説明される 「モノアミン仮説」 とは、それらの神経伝達物質が足りないためであるという説です。


また、それらの植物エキスは「アダプトゲン」 とも呼ばれます。


「アダプトゲン」とは、ストレス下にあるココロとカラダのいわば不均衡状態を、適応状態へ整えることを安全に助ける植物につけられた名前です。


薬理的には、たとえばニューロンの死滅やストレスホルモン (コルチゾール) をおさえるサポートを行います。


意識の上では、気分によい影響を与えます。


ところでこのアダプトゲン、単独で摂るのと、複数種類を併せてとるのとでは、期待される効果がどうも違うらしいのです。


がその話は別な機会といたしましょう。


本日は、ストレスを乗り得たいなら、アダプトゲンという植物エキスを検討してみましょう、というお話しでした。



ちなみに「β-エンドルフィン」 の強度を上げたい方は、複数のアダプトゲンがブレンドされたキロンの CONCENT が良いかもしれません。




▼キロンの CONCENT はAmazonで!
https://www.amazon.co.jp/dp/B017DM21GI


[1] Gergory S, Kelly,ND 2001. Rhodiola rosea:A possible Plant Adaptogen. Alternative Medicine Review 2001
iStock_000016682100XSmall

緊張、不安、憂うつ、ストレス対しては


「ベータ・エンドルフィン防御シールド」 を、あらかじめ、頭脳に張っておく、という手があります。


シベリア人参エキスはいかがでしょう。


シベリア人参エキスは、健常人のストレス感を減らことが期待できます。


副作用も確認されていません。[1]


ストレスを受けるまえに摂取することで、ストレスに先立ち、血中のエンドルフィン濃度を上げるとの報告があります。[2] 


抗疲労効果、抗うつ効果も確認されています。[1][3][4]


そして、シベリア人参エキスを含む複数のアダプトゲンが配合された評判のストレスサプリメントは、キロンの CONCENT です。


▼キロン CONCENT の Amazonストアはこちら!
https://www.amazon.co.jp/dp/B017DM21GI

[1] Fransworth NR. Economic Med. In:Wanger H, Fransworth NR,editors. Plant Res;v1.London;Academic Press Inc;1985
[2] 武田秀勝 エゾウコギ茎皮水エキス投与がストレス負荷ラットの血漿中 β-Endorphin レベルに及ぼす影響 東邦医学会雑誌 1990;37(3):334-343
[3] Toru Mizoguchi, Yoko Kato, Hitoshi Kubota, Hideo Takekoshi, Tohri Toyoshi, Noriyuki Yamazaki. Physiological Effects of Ezo Ukogi (Acanthopanax senticosus Harms)Root Extract in Experimental Mnimals Jpurnal of Jpananese Society of Nutrition and Food Science 2004;57(6):257-263
[4] Deyama T, Nishibe S, Nakazawa Y. Constituents and pharmacological effects of Eucommia and Siberian ginseng. Acta Pharmacol Sin. 2001 Dec;22(12):1057-70.

CONCENTシベリア人参

このページのトップヘ