反逆者のための
サプリメント日記

スマートサプリメントのご案内。

カテゴリ : ホスファチジルセリン

本日は、ホスファチジルセリン についてのお話し。


ホスファチジルセリンは、細胞膜を構成するリン脂質のひとつ。


人間の細胞はすべてこの脂質を含んでおり、生存に必要な機能は、このホスファチジルセリンに頼っている、ということができます。


たとえば、生命活動のエネルギーの産生 (ATP産生)


生命機能を保つためのイオンのホメオスタシス機能


細胞レベルでの活性化や不活性化、などなど。


そしてホスファチジルセリンはとくに、神経細胞やシナプスの膜に多く存在し[1]、


アセチルコリンやドーパミン、ノルアドレナリンといった神経伝達物質の放出やシグナル伝達に関与しています。[2,3,4,5] 


ホスファチジルセリンの頭脳への有益性について、科学的研究は、次の効果を報告しています。


記憶力の改善作用


神経保護作用


抗ストレス作用


抗うつ作用


頭脳の健康が気になる方に、ホスファチジルセリンは、もうすでに定番なのではないでしょうか。



それでは、次の研究報告はいかがでしょう。


平均年齢20.4歳の健常人を対象にしたイチョウ葉エキスとホスファチジルセリンとの組み合わせを調査したもの。


組み合わせはこうです。


1) イチョウ葉エキス120 を単体で摂取した場合。


2) イチョウ葉エキス120 とホスファチジルセリン (PS) 360 を同時に摂取した場合。


3) イチョウ葉エキス120 とホスファチジルコリン (PC) 360 を同時に摂取した場合。


その三パターンで、一定時間後に


「注意力のスピード」


「注意力の正確性」


「記憶力のスピード」


「記憶の正確性」


「二次記憶」


「ワーキングメモリー」 を調べています。


結果


2) イチョウ葉エキスとホスファチジルセリン の組み合わせが、最も効果の高い組み合わせだったようです。


● 「注意力のスピード」 においては

イチョウ葉エキス単独の1) とイチョウ葉エキスとPCの3) が、2.5時間後まで有意に速くなった。


イチョウ葉エキスとPSの同時摂取 2) は、さらに、6時間後においても有意に速い。


● 「注意力の正確性」 では


イチョウ葉エキスとPS 2) の組み合わせに有意な改善がみられた。


● 「記憶のスピード」 では


イチョウ葉エキスとPC 3) が4時間後に逆に遅くなったが、しかし、イチョウ葉エキスとPS 2) は、摂取1時間から6時間後のすべてで有意に改善した。[6]


今回のタイトルは、こう書き換えるべきかもしれません。


「頭脳の健康については、ホスファチジルセリンとイチョウ葉エキスを併せて摂るべきである」


ではなぜ、フォスファチジルセリンは記憶力を改善させるのでしょうか?


そのメカニズムに明確な回答はまだありませんが、下記がその説明になるかと思います。


.▲札船襯灰螢鷓酘粟シナプス機能の活性化 [7]


▲轡哀淵訶礎7呂悗慮果 [8] [9]


また、ホスファチジルセリンは、神経保護作用も有しています。


スナネズミにホスファチジルセリン (200mg/kg,5日間) をあらかじめ投与してから、一過性脳虚血処理して10日後に、海馬CA1領域 (この場所は記憶には重要な領域です) の神経細胞への効果を調べた。


するとホスファチジルセリン投与群は、プラセボ群に比べ、神経細胞へのダメージが軽減されていた。[10]


ほかにも虚血で過度の炎症を起こした脳組織に対し (免疫細胞が正常組織を攻撃するケース)、 ホスファチジルセリンはその炎症を抑制する働きをしています。[13]


さらにホスファチジルセリンは神経成長因子受容体数を増加させます。


神経成長因子 (Nerve growth factor: NGF) は神経発達をうながし、抗酸化機能をはたらかせるタンパク質です。[14] 


そのはたらきはNGF受容体 ( 海馬や大脳皮質の神経細胞の表面に存在する) にNGFが結合することによって起こります。


ただし、NGF受容体数は加齢に伴い減少することが分かっています。


ラットの実験においてホスファチジルセリンは、NGF容体数が増加させています。[15]

これは、神経細胞の抗老化作用を意味しています。


同じ論文には、次の記述も見られます。


加齢によって神経細胞の樹状突起のスパインの密度、ニューロンの数、大きさは減少してゆきますが、老齢ネズミにホスファチジルセリンを (50mg/kg,24か月間) を投与した結果では、そのような減少は認められなかった。[15]


また、ホスファチジルセリンの抗ストレス作用も見逃すことはできません。


ストレスを受けると体内には、コルチゾールが産生されます。


このホルモンの受容体は、脳 (とくに海馬) と腹部に多いことが知られています。


ストレスは心拍数を上昇させ、思考をめぐらせ、腹にはたっぷりと脂肪をためこませる。


コルチゾールの誘導も、その一因です。


過剰なコルチゾールは、神経細胞にも有害です。


海馬の神経細胞の受容体を刺激し、「興奮毒性死」 を招くためです。

(興奮毒性死とは、カルシウムイオンの細胞内過剰流入することで神経細胞が死に至るメカニズム)


しかし、ホスファチジルセリンはそのコルチゾールの過剰産生を抑制します。


ウェイトトレーニングで、オーバートレーニングになった健常男性にホスファチジルセリンを (800 /日) を摂取したところ、コルチゾール発生メカニズムである視床下部-下垂体-副腎系に変化をもたらし、コルチゾール産生を低下させた。[16,17,18]


さらに、ホスファチジルセリンには、感情改善作用もあるようです。


不安障害やうつ症状の改善し[20]、


幸福感や社交能力の上昇が認められた。[16,19,20,21]


ところで、脳に有益といわれるサプリメントに対する根本的な疑問は、その物質が、ほんとうに脳内に届くのか?


だったりもするのですが・・。


なぜなら、脳へと通じるBBB (血液脳関門) を通り抜けることが困難だからです。


しかし、ホスファチジルセリンは、経口摂取においても、脳内移行性が認められています。[10]


では最後に


ホスファチジルセリンは、効果の点で、どのくらいの量を摂れば良いのでしょうか?


健常人は、一日100 以上の摂取が有効。[22]


【結論】


脳の健康には、フォスファチジルセリン100 を毎日摂取すること。


ストレスの多い反逆する頭脳は、そこに、イチョウ葉エキス120 を加えて摂ると良いでしょう。



キロンのSWITCH と HYPER SWITCH は、その分量を実現しています。


1回分2カプセル中にはイチョウ葉エキス120 とホスファチジルセリンを100 。


さらに、高麗人参エキス200 とバコパモニエラエキス80 も配合されています。


脳のパフォーマンスを高度に保ちたい方は、キロンの SWITCH を検討されてはいかがでしょうか。


▼SWITCHのストアは

Amazonページ
https://www.amazon.co.jp/dp/B0095GON76

▼HYPER SWITCH はこちら!
https://www.amazon.co.jp/dp/B012QKWVMQ


iStock_000005716223XSmall












[1] Kidd PM. 1999. A review of nutrients and botanical in the integrative management of cognitive dysfunction. Altern Med Rev 4:38-43
[2] Bruni A,Toffano G.1982. Lysophophatidylserine, a short-lived intermediate with plasma membrane regulatory properties. Pharmaco Res Commun 14(6):469-484
[3] Yoshimura T, Sone S. 1990 Role of phosphatidylserine in membrane actions of tumor necrosis factor and interfoerons alpha and gamma. Biochem Int 20(4):697-705
[4] Cohen SA,Mueller WE.1992. Age related alterations in the mouse forebrain:partial restoration by chronic phosphatidylserine treatment. Brain Res 584: 174-180
[5] Moynagh PN, Williams DC.1992. Stabilization of the peripheral-type benzodiazepine acceptor by specific phospholipids. Biochem Pharmacol 43(9): 1939-1945
[6] D.O.Kennedy, C.F Haskell, P.L Mauri, A.B Scholey.2007. Acute cognitive effects of standardized Ginkgo biliba extract conplexed with phosphatidylserine. Hum.Psychopharmacol Clin Exp 2007 ;22:199-210
[7] Pedata F et.al. 1985. Phosphatidylserine increases acetylcholine release from cortical slices in aged rats. Neurobiol Aging 6(4): 337-339
[8] Benowitz LI et.al. 2000. “GAP-43:an intrinsic determinant of neuronal development and plasticity”. Trends Neurosci 20(2):84-91
[9] Gianotti C et.al. 1993. B-50/GAP-43 phosphorylation in hippocampal slices from aged rats: effects of phosphatidylserine administration. Neurobiol Aging 14(5): 401-406
[10] 酒井 正士, 加藤 豪人. 2010. 大豆ホスファチジルセリンの脳機能改善効果 Anti-aging Science 2(2): 57-61
[11] Calderon C, Huang ZH, Gage DA, et.al. 1994. Isolation of a nitric oxide inhibitor from mammary tumor cells and its characterization as phosphatidylserine. J Exp Med 180: 945-958
[12] Venema RC, Sayegh HS, Arnal JF, et.al. 1995. Role of enzyme calmodulin-binding domain in membrane association and phospholipid inhibition of endothelial nitric oxide synthase. J Bio Chem 270: 14705-14711
[13] Monastra G,Gross AH, Bruni A et.al. 1993. Phosphatidylserine, a putative inhibitor of tumor necrosis factor, prevents autoimmune demyelinaction. Neurology 43: 153-163
[14] Angelucci L, Ramacci MT, Taglialatela G, et.al. 1988. Nerve growth factor binding in aged rat central nervous system: effect of acetyl-L-carnitine. J Neuroscience Res 20:491-496
[15] Nunzi MG, Milan F, Guidolin D, Toffano G. 1987. Dendritic spine loss in hippocampus of aged rats Effect of brain phosphatidylserine administration. Neurobiol Aging 8:501-510
[16] Cenacchi T, Bertoldin T, Farina C, et.al. 1993. Cognitive decline in the elderly: a double-blind,placebo-controlled multicenter study on efficacy of phosphatidylserine administration. Aging(Milano) 5:123-133
[17] Monteleone P,Beinat L, Tanzillo C, et.al. 1990. Effects of phosphatidylserine on the neuroendocrine response to physical stress in humans. Neuroendocrinology 52:243-248
[18] Monteleone P, Maj M, Beinat L, et.al. 1992. Blunting by chronic hosphatidylserine administration of the stress-induced activation of the hypothalamo-pituitary-adrenal axis in healthy men. Eur J Clin Pharmacol 42:385-388
[19] Maggioni M, Picotti GB, Bondiolotti GP,et.al. Effects of hosphatidylserine therapy in geriatric patients with depressive disdoers. Acta psychiatr Scand 81:265-270
[20] Crook T,Petrie W, Wells C, Massari DC. 1992. Effects of phosphatidylserine in Alzheimer’s disease. Psychopharmacol 42:385-388
[21] Amaducci L. 1988. Phosphatidylserine in the treatment of Alzheimer’s disease: results of a multicenter study. Psychopharmacol Bull 24:130-134
[22] Parris M. 1999. A review of nutrients and botanicals in the integratetive management of cognitive dysfunction. Alternative Medicine Review 4(3):144-161

本日は、フォスファチジルセリン についてのお話し。


フォスファチジルセリンは、細胞膜を構成するリン脂質のひとつ。


人間の細胞はすべてこの脂質を含んでおり、生存に必要な機能は、このフォスファチジルセリンに頼っている、ということができます。


たとえば、生命活動のエネルギーの産生 (ATP産生)


生命機能を保つためのイオンのホメオスタシス機能


細胞レベルでの活性化や不活性化、などなど。


そしてフォスファチジルセリンはとくに、神経細胞やシナプスの膜に多く存在し[1]、


アセチルコリンやドーパミン、ノルアドレナリンといった神経伝達物質の放出やシグナル伝達に関与しています。[2,3,4,5] 


フォスファチジルセリンの頭脳への有益性について、科学的研究は、次の効果を報告しています。


記憶力の改善作用


神経保護作用


抗ストレス作用


抗うつ作用


頭脳の健康が気になる方に、フォスファチジルセリンは、すでに定番なのではないでしょうか。



それでは、次の研究報告はいかがでしょう。


平均年齢20.4歳の健常人を対象にしたイチョウ葉エキスとフォスファチジルセリンとの組み合わせを調査したもの。


組み合わせはこうです。


1) イチョウ葉エキス120 を単体で摂取した場合。


2) イチョウ葉エキス120 とフォスファチジルセリン (PS) 360 を同時に摂取した場合。


3) イチョウ葉エキス120 とフォスファチジルコリン (PC) 360 を同時に摂取した場合。


その三パターンで、一定時間後に


「注意力のスピード」


「注意力の正確性」


「記憶力のスピード」


「記憶の正確性」


「二次記憶」


「ワーキングメモリー」 を調べています。


結果


2) イチョウ葉エキスとフォスファチジルセリン の組み合わせが、最も効果の高い組み合わせだったようです。


● 「注意力のスピード」 においては

イチョウ葉エキス単独の1) とイチョウ葉エキスとPCの3) が、2.5時間後まで有意に速くなった。


イチョウ葉エキスとPSの同時摂取 2) は、さらに、6時間後においても有意に速い。


● 「注意力の正確性」 では


イチョウ葉エキスとPS 2) の組み合わせに有意な改善がみられた。


● 「記憶のスピード」 では


イチョウ葉エキスとPC 3) が4時間後に逆に遅くなったが、しかし、イチョウ葉エキスとPS 2) は、摂取1時間から6時間後のすべてで有意に改善した。[6]


今回のタイトルは、こう書き換えるべきかもしれません。


「頭脳の健康については、フォスファチジルセリンとイチョウ葉エキスを併せて摂るべきである」


ではなぜ、フォスファチジルセリンは記憶力を改善させるのでしょうか?


そのメカニズムに明確な回答はまだありませんが、下記がその説明になるかと思います。


.▲札船襯灰螢鷓酘粟シナプス機能の活性化 [7]


▲轡哀淵訶礎7呂悗慮果 [8] [9]


また、フォスファチジルセリンは、神経保護作用も有しています。


スナネズミにフォスファチジルセリン (200mg/kg,5日間) をあらかじめ投与してから、一過性脳虚血処理して10日後に、海馬CA1領域 (この場所は記憶には重要な領域です) の神経細胞への効果を調べた。


するとフォスファチジルセリン投与群は、プラセボ群に比べ、神経細胞へのダメージが軽減されていた。[10]


ほかにも虚血で過度の炎症を起こした脳組織に対し (免疫細胞が正常組織を攻撃するケース)、 フォスファチジルセリンはその炎症を抑制する働きをしています。[13]


さらにフォスファチジルセリンは神経成長因子受容体数を増加させます。


神経成長因子 (Nerve growth factor: NGF) は神経発達をうながし、抗酸化機能をはたらかせるタンパク質です。[14] 


そのはたらきはNGF受容体 ( 海馬や大脳皮質の神経細胞の表面に存在する) にNGFが結合することによって起こります。


ただし、NGF受容体数は加齢に伴い減少することが分かっています。


ラットの実験においてフォスファチジルセリンは、NGF容体数が増加させています。[15]

これは、神経細胞の抗老化作用を意味しています。


同じ論文には、次の記述も見られます。


加齢によって神経細胞の樹状突起のスパインの密度、ニューロンの数、大きさは減少してゆきますが、老齢ネズミにフォスファチジルセリンを (50mg/kg,24か月間) を投与した結果では、そのような減少は認められなかった。[15]


また、フォスファチジルセリンの抗ストレス作用も見逃すことはできません。


ストレスを受けると体内には、コルチゾールが産生されます。


このホルモンの受容体は、脳 (とくに海馬) と腹部に多いことが知られています。


ストレスは心拍数を上昇させ、思考をめぐらせ、腹にはたっぷりと脂肪をためこませる。


コルチゾールの誘導も、その一因です。


過剰なコルチゾールは、神経細胞にも有害です。


海馬の神経細胞の受容体を刺激し、「興奮毒性死」 を招くためです。

(興奮毒性死とは、カルシウムイオンの細胞内過剰流入することで神経細胞が死に至るメカニズム)


しかし、フォスファチジルセリンはそのコルチゾールの過剰産生を抑制します。


ウェイトトレーニングで、オーバートレーニングになった健常男性にホスファチジルセリンを (800 /日) を摂取したところ、コルチゾール発生メカニズムである視床下部-下垂体-副腎系に変化をもたらし、コルチゾール産生を低下させた。[16,17,18]


さらに、フォスファチジルセリンには、感情改善作用もあるようです。


不安障害やうつ症状の改善し[20]、


幸福感や社交能力の上昇が認められた。[16,19,20,21]


ところで、脳に有益といわれるサプリメントに対する根本的な疑問は、その物質が、ほんとうに脳内に届くのか?


だったりもするのですが・・。


なぜなら、脳へと通じるBBB (血液脳関門) を通り抜けることが困難だからです。


しかし、フォスファチジルセリンは、経口摂取においても、脳内移行性が認められています。[10]


では最後に


フォスファチジルセリンは、効果の点で、どのくらいの量を摂れば良いのでしょうか?


健常人は、一日100 以上の摂取が有効。[22]


【結論】


脳の健康には、フォスファチジルセリン100 を毎日摂取すること。


ストレスの多い反逆する頭脳は、そこに、イチョウ葉エキス120 を加えて摂ると良いでしょう。


キロンのSWITCH と HYPER SWITCH は、その分量を実現しているようです。


1回分2カプセル中にはイチョウ葉エキス120 とホスファチジルセリンを100 。


さらに、高麗人参エキス200 とバコパモニエラエキス80 も配合されています。


脳のパフォーマンスを高度に保ちたい方は、キロンの SWITCH を検討されてはいかがでしょうか。


▼SWITCH のストアは

Amazonページ
https://www.amazon.co.jp/dp/B0095GON76

▼HYPER SWITCH はこちら!
https://www.amazon.co.jp/dp/B012QKWVMQ


iStock_000005716223XSmall

このページのトップヘ