反逆者のための
サプリメント日記

スマートサプリメント情報をお届けいたします。受験生やビジネスマン、反逆的なあなたのお手元へ。

カテゴリ : 高麗人参エキス

今年の二月に ADHDについての最新研究が報告されました。


「ADHD、脳の大きさにわずかな差、大規模研究で確認」
http://www.afpbb.com/articles/-/3118188?cx_part=txt_topics


こちらのリンクはその論文。
Subcortical brain volume differences in participants with attention deficit hyperactivity disorder in children and adults: a cross-sectional mega-analysis


この研究報告を踏まえ、「ADHD の改善」が期待できるサプリメントをご紹介いたいましょう。


まずは当ブログで以前ご紹介した下記リンク先の医学論文をおさらいする必要があるかもしれません。

ちなみに、この論文の中で使われているアメリカ人参エキスは【高麗人参エキス】に替えることができます。

なぜなら、効果を上げあるのは「活性成分」に他なりません。

そしてアメリカ人参と高麗人参は、活性成分が主要な点で同じだからです。


Lyon MR, Cline JC, Totosy de Zepetnek J, Shan JJ, Pang P, Benishin C. J Psychiatry Neurosci. 2001. Effect of the herbal extract combination Panax quinquefolium and Ginkgo biloba on attention-deficit hyperactivity disorder: a pilot study. 2001 May;26(3):221-8.


少し翻訳してみました。

ご興味のある方はぜひ全文をお読みくださいませ。


〜 ADHD に対する人参エキスとイチョウ葉エキスの効果 〜

方法:博士らは3〜17歳までの ADHD の診断基準 (DSM-) に該当する児童36人を対象として研究を行った。

児童らには人参エキス 200mgとイチョウ葉エキス 50mgが入ったカプセルを 2粒/日、空腹時に 4週間内服してもらい、内服開始から 2週間後と 4週間後に評価を行った。

評価方法としては、投与前と後で親に対する調査を行い、ADHD の主要な症状 (反抗的行動、学習障害、多動‐衝動性、易不安性、完璧主義、社会的問題、情緒不安定性) の変化および、満たす ADHD の診断基準 (DSM-検▲灰福蕊床措榲戞CPRT:conner’s parent rating scale)など) の変化について観察した。

結果:人参エキスとイチョウ葉エキスの入ったカプセルを飲み始めてから2週間後、上記した7つの主要症状のうち反抗的行動については 64%の児童で、学習障害については 56%の児童で、多動性‐衝動性については50%の児童で改善が認められた。

4週間後には、7つの主要症状すべてで有意な改善が認められた。

また7つの評価基準に照らしてみても2週、4週どちらの時点においてもすべての評価基準で有意な改善が認められた。例えば、DSM-犬良埣躇佞旅猝椶任 2週の時点で 39%の児童で、4週の時点では 75%の児童で改善があった。

副作用については、衝動性や過活動性が増したと判断された児童が2人いた。

また、リタリンを併用した児童で発汗や頭痛があった児童がそれぞれ1人ずついたが、人参とイチョウ葉の影響であるのかどうかは断定できなかった。


・・・・引用を終了。・・・・



そして、今回の注目点は、こちらです!

この論文に書かれた Ginseng extracts の項目で述べられている、次の内容をご覧ください。


≪抜粋≫
Ginsenosides have been shown to possess neurotrophic effects. The ginsenosides Rb1 and Rg1 have been shown to potentiate the effects of nerve growth factor, which is a critical endogenous neurotrophic substance.
This suggests that long-term administration on ginseng extract may have the potential to promote the growth of underdeveloped brain regions in those with ADHD.



≪要約しますと、こうなります≫
【ginsenosides は神経栄養作用を有している】



この ginsenosides とは、高麗人参エキスやアメリカ人参エキスに含まれる活性成分です。

ginsenosides Rb1、Rg1は、神経成長因子の効果を促進させる、とあります。


つまり、アメリカ人参もしくは高麗人参の抽出物(エキス)を長期間摂取すると、

ADHDの患児の未発達な脳の、部分的な成長を促進できる可能性が、ある。 


したがって、ADHDを改善する手立ての一つとしては、

短期的に、また、長期的にも、

イチョウ葉エキス+高麗人参エキスの組み合わせが良いのではないでしょうか。


では、参考までに、どんな高麗人参エキスを買えば良いか?ですが、


購入する前に、調べたい点は、上記【活性成分が含まれている】か否か、です。


日本で売られている【サプリメントのラベル】には「活性成分」は書かれおりません。

それをラベルに表記してしまうと法に触れかねないからです。


そこで、
含まれる活性成分については、メーカーに直接尋ねるか、メーカーのHPの細部い目を通すことが必要です。



たとえば、キロンが発売する SWITCH には、上記条件を満たす (必要な分量と活性成分の) 高麗人参エキスとイチョウ葉が含まれているようです。


加えて、ADHDに良いとされるホスファチジルセリン、そして、バコパモエキスも配合されています。

SWITCH を検討されてみても良いかもしれません。


▼SWITCH の Amazonページ
https://www.amazon.co.jp/dp/B0095GON76

高麗人参エキスがニューロンの死滅を抑える可能性のあることは、以前ここでもご紹介しました。


「興奮毒性死」をおさえるはたらきについてです。


加えて高麗人参エキスは、アセチルコリンの代謝にも良い影響をおよぼすようです。


下記の研究論文は、高麗人参エキスにふくまれる活性成分ジンセノサイド Rb1 が、アセチルコリン・リリースを増やし、記憶力の低下をふせいだと報告しています。


「中枢神経系のコリン神経終末におけるコリン取り込みへのginsenoseidesの影響」
PMID: 1338897 Actions of ginsenoside Rb1 on choline uptake in central cholinergic nerve endings.
www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=1338897


脳内でアセチルコリンが作られる際、リサイクルの仕組みがはたらきます。


シナプスからアセチルコリンが放たれる、と同時に、放出されたアセチルコリンを分解するための酵素も動き出します。


アセチルコリンは分解されてコリンにもどります。


コリンは細胞内に取り込まれ、アセチルコリンへと合成される。


高麗人参エキスの活性成分は、そのときコリンの取り込み量を増やす助けとなるようなのです。


また、上記の研究論文は、アセチルコリンの放出量は急性では増えず、高麗人参エキスを三日間摂り続ける必要があった、と報告しています。



日本製のスマートサプリなら、高麗人参エキスが配合されている SWITCH が良いでしょう。

SWITCH の ストアは

▼SWITCH の Amazonページ
https://www.amazon.co.jp/dp/B0095GON76


神経伝達XSmall

高麗人参エキスは頭脳の健全な作動も助けます。


脳への影響は、大きくわけて三つ。


1.ニューロンを良く働かせる。


高麗人参は、神経伝達物質の放出をうながし、[1] 


記憶力を改善し、[2.3] 


シナプス可塑性による学習能力によい影響をあたえ、[4] 


脳のエネルギー生産効率を向上させる。 [5] 





2.ニューロンを育てる。


高麗人参は、神経成長因子のはたらきを促進させます。[6.7]


神経成長因子とは、軸策を伸ばしたり、神経伝達物質を合成したり、細胞の損傷をなおし、機能回復をうながすタンパク質です。





3.ニューロンを死滅を抑える。


心的ストレスは、海馬ニューロンの過活動を引きおこし、死滅させます。


それは「興奮毒性死」とも呼ばれます。


この「興奮毒性死」とはニューロン内にグルタミンが過剰流入し、ニューロンが過活動を起こし、やがて死滅するという現象です。

そうしたニューロンの活動バランスの崩れを、高麗人参エキスの有効成分が立て直すようです [8.9.10] 





【まとめ】


高麗人参エキスは

仕事の能率、感覚、運動パフォーマンスの改善、ストレス耐性を強化、免疫力の向上が期待できます。



そして日本製のスマートサプリなら、高麗人参エキス、イチョウ葉エキス、ホスファチジルセリン、バコパが合理的な比率で配合された SWITCH が良いでしょう。

SWITCH のお求めは
▼SWITCH の Amazonページ
https://www.amazon.co.jp/dp/B0095GON76

iStock_000015346724Small

[1] Xue JF, Liu ZJ, Hu JF, Chen H, Zhang JT, Chen NH. Ginsenoside Rb1 promotes neurotransmitter release by modulating phosphorylation of synapsins through a cAMP-dependent protein kinase pathway. Brain Res. 2006 Aug 23;1106(1):91-8. Epub 2006 Jul 11.
[2] Benishin CG. Actions of ginsenoside Rb1 on choline uptake in central cholinergic nerve endings. Neurochem Int. 1992 Jul;21(1):1-5.
[3] Sloley BD, Pang PK, Huang BH, Ba F, Li FL, Benishin CG, Greenshaw AJ, Shan JJ. American ginseng extract reduces scopolamine-induced amnesia in a spatial learning task. J Psychiatry Neurosci. 1999 Nov;24(5):442-52.
[4] Abe K, Cho SI, Kitagawa I, Nishiyama N, Saito H. Differential effects of ginsenoside Rb1 and malonylginsenoside Rb1 on long-term potentiation in the dentate gyrus of rats. Brain Res. 1994 Jun 27;649(1-2):7-11.
[5] Samira MM, Attia MA, Allam M, Elwan O. Effect of the standardized Ginseng Extract G115 on the metabolism and electrical activity of the rabbit's brain. J Int Med Res. 1985;13(6):342-8.
[6] Himi T, Saito H, Nishiyama N. Effect of ginseng saponins on the survival of cerebral cortex neurons in cell cultures. Chem Pharm Bull (Tokyo). 1989 Feb;37(2):481-4.
[7] Rudakewich M, Ba F, Benishin CG. Neurotrophic and neuroprotective actions of ginsenosides Rb(1) and Rg(1). Planta Med. 2001 Aug;67(6):533-7.
[8] Kim YC, Kim SR, Markelonis GJ, Oh TH. Ginsenosides Rb1 and Rg3 protect cultured rat cortical cells from glutamate-induced neurodegeneration. J Neurosci Res. 1998 Aug 15;53(4):426-32.
[9] Kim S, Ahn K, Oh TH, Nah SY, Rhim H. Inhibitory effect of ginsenosides on NMDA receptor-mediated signals in rat hippocampal neurons. Biochem Biophys Res Commun. 2002 Aug 16;296(2):247-54.
[10] Kim S, Kim T, Ahn K, Park WK, Nah SY, Rhim H. Ginsenoside Rg3 antagonizes NMDA receptors through a glycine modulatory site in rat cultured hippocampal neurons. Biochem Biophys Res Commun. 2004 Oct 15;323(2):416-24.

イチョウ葉エキスと高麗人参エキスの組み合わせが 、ADHD を改善したと報告するエビデンスを、以前こちらでもご紹介いたいました。


タイトルは 「 イチョウ葉エキス + ジンセン(高麗人参エキス) = 集中力 」
http://livedoor.blogcms.jp/blog/taddy_/article/edit?id=51782758


それは ADHD の診断基準に該当する 3 ~ 17歳までの児童36人を対象とした研究で、児童らには、 ジンセンエキス 200mg とイチョウ葉エキス 50mg の入ったカプセルを1日 2カプセル、空腹時に4週間内服してもらう。


そして内服開始から2週間後と4週間後に評価を行う。


ADHD の主要な症状である

反抗的行動、学習障害、多動‐衝動性、易不安性、完璧主義、社会的問題、情緒不安定性

の変化などについて観察を行う。


結果:ジンセンエキスとイチョウ葉エキスの入ったカプセルを飲み始めてから、2週間後、その7つの主要症状のうち


反抗的行動については 64% の児童で


学習障害については 56% の児童で


多動性‐衝動性については 50% の児童で改善が認められた。


そして4週間後には、7つの主要症状すべてで有意な改善が認められた。[1]


という報告でした。



そして本日はこんな研究報告をご紹介いたしましょう。


【バコパ モニエラ エキス も ADHD に有用】かもしれません!


36人の ADHD の子供たちに、二重盲目試験でバコパ投与群とコントロール群を比較したところ、バコパ投与群で理論的記憶力の向上が見られた。[2]


この実験で使われた分量は、バコパエキス 50 を一日二回で、それを12週間です。


ADHDが気になる方は
高麗人参エキス、イチョウ葉エキス、バコパエキスをお試し下さい。



日本のサプリメントでそれらの植物エキスが含まれているサプリメントがあります。


キロンの SWITCH がそれです。


SWITCH 1回 2カプセル中には、ジンセンエキス 200咫▲ぅ船腑ν侫┘ス 120 、バコパモニエラエキス 80 が含まれています。


加えて、ホスファチジルセリンも配合されています。


ホスファチジルセリンもまた、 ADHDの改善が期待できる物質。

参考までに、イチョウ葉エキスとホスファチジルセリンの組み合わせは、記憶力など、脳のパフォーマンスに貢献する可能性が高いのです。
(ご参考は、こちらのリンク先です http://atman.asia/archives/51897998.html



SWITCH を検討してみても良いかもしれません!


SWITCH のストアは
▼SWITCH の Amazonページ
https://www.amazon.co.jp/dp/B0095GON76


[1] Lyon MR, Cline JC, Totosy de Zepetnek J, Shan JJ, Pang P, Benishin C. J Psychiarty
Neurosci. 2001. Effect of the herbal extract combination Panax quinquefolium and Ginkgo biloba on attention-deficit hyperactivity disorder: a pilot study. 2001 May;26(3):221-8.

[2] Negi KS, Singh YD, Kushwaha KP, Rastogi CK, Rathi AK, Srivastava JS.
Clinical evaluation of memory enhancing properties of Memory Plus in
children with attention deficit Hyperactivity disorder. Indian J Psychiatry
2000; 42: 42-50.


web会社概要iStock_000019078551Medium

「イチョウ+ジンセン=集中力」 について、補足です。


なぜ、レッド・ジンセンなのか? 


レッド・ジンセンには、Ginsenoside Rg3 が含まれているからです。


ジンセンの神経細胞保護効果について書かれた優れたレビューは、その網羅するエビデンスの数と分かりやすさ点で、下記のレビューだと思います。

   「Ginsenosides: Are Any of them Candidates for Drugs
        Acting on the Central Nervous System?」
                                    PMID:18078425


このレビューは高麗人参エキスのニューロン保護作用についてのものです。


「興奮毒性死」 は、ニューロン死滅因の一つです。


詳細は、割愛させていただきますが、それはめずらしい現象ではなく、日常のストレスでも生じます。

高麗人参エキスは、その「興奮毒性死」を抑えることが期待できます。


「興奮毒性」 に対しては、Ginsenoside Rg3 が高い効果を発揮するという報告がありました。


これはレッド・ジンセンに含まれた有効成分です。


しかし高麗人参エキスは、その Ginsenoside Rg3 だけが神経細胞保護効果を持つのではありません。


ホワイト・ジンセンも有効な活性成分を多く含んでいます。


ちなみに日本で Ginsenoside Rg3 を含むサプリメントは存在しません。

それは医薬成分だからです。





キロンの SWITCH には、サプリメントとして配合できる高麗人参エキスを、2カプセル中に 200 含んでいます。

この高麗人参エキスは、総ジンセノサイド及び マロニルジンセノサイド7.0%以上、ジンセノサイドRg1 0.9〜1.4%、ジンセノサイドRb1 1.7〜3.0% 含有というスペックです。

十分に効果は期待できます。

またほかにも、イチョウ葉、ホスファチジルセリン、バコパも配合さています。

SWITCH は日本を代表するスマートサプリメントであるといえましょう。

SWITCH のストアは
▼SWITCH の Amazonページ
https://www.amazon.co.jp/dp/B0095GON76


iStock_000011839672XxSmall


このページのトップヘ