健康な若年被験者を対象としたギンコを短期内服した際の認知機能に対する用量依存性効果の検討

The dose-dependent cognitive effects of acute administration of Ginkgo biloba to healthy young volunteers.

PMID:11026748
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=11026748


Abstract
Rationale:イチョウ葉エキス(ギンコ)を長期に内服することにより、認知機能が改善することがわかってきています。

しかし、ギンコの短期的作用についてははっきりとわかっていることは少ない状態でした。

最近の研究により、CDR(Cognitive Drug Research)により測定された4つの認知項目(注意力の速度、注意力の正確さ、記憶の速度、記憶の正確さ)が認知機能の変化を測定するのに有用であることがわかってきました。


Objective:今回の研究ではギンコをCDR4項目に明確な効果をもたらすかどうかを評価しました。


Method:この研究は二重盲目プラセボコントロール交叉試験の形で行いました。

20人の被験者を対象にギンコ抽出物120mg,240mg,360mgもしくはプラセボを内服してもらいました。

認知機能をCDRコンピュータテストにより内服前、内服後1,2.5,4,6時間で測定し、それにより認知機能の4項目について評価しました。


Results:プラセボ群と比較してギンコを内服すると多くの有意な変化が認められました。

それらの中で最もはっきりとしたものが、用量依存性の注意力の速度の改善でした。

240mg,360mg内服群どちらもで有意な改善が認められ、内服2.5時間後で最もはっきりした効果があり、内服6時間後でもその効果は持続していました。


Conclusion:今回の研究で健康な若い被験者を対象とした研究でギンコ内服により注意力の持続的な改善が認められました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上引用を終了。

お勧めのイチョウ葉エキスは、

キロンのスウィッチ SWITCH、か クールスウィッチCOOL SWITCH 。

2カプセルにイチョウ葉エキスが120咫

加えて、脳機能のための高麗人参(COOL SWITCH はアメリカ人参)、バコパ、ホスファチジルセリンも配合されています。

これらの組み合わせには、良好な働きが期待できるからです。

イチョウ葉エキスと高麗人参の同時摂取は、記憶力、集中力、注意力へのサポートが期待できます。

PMID: 30729756
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=30729756


イチョウ葉エキスとアメリカ人参の組み合わせは、ADHDの改善が期待できる

PMID:11394191
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=11394191

これは、高麗人参もアメリカ人参と同様の活性成分を持つので、高麗人参とイチョウ葉もADHDに良好な結果をもたらすことが期待できます。


また、アメリカ人参は、ワーキングメモリーの強化が期待できます。

PMID:2952762
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2952762/



加えて、イチョウ葉エキスとホスファチジルセリンの組み合わせは、

「注意力のスピード」

「注意力の正確性」

「記憶力のスピード」

「記憶の正確性」

「二次記憶」

「ワーキングメモリー」

に良好なようです。

http://livedoor.blogcms.jp/blog/taddy_/article/edit?id=51897998


バコパエキスの認知機能へのサポート力もあなどれません。

http://livedoor.blogcms.jp/blog/taddy_/article/edit?id=52003735



記憶力、集中力、注意力を助けたい方は、キロンのスウィッチ、クールスウィッチを検討されてはいかがでしょうか。

アマゾン、楽天でも入手できます。

▼アマゾン
https://www.amazon.co.jp/
▼楽天
https://www.rakuten.co.jp/