今年の二月に ADHDについての最新研究が報告されました。


「ADHD、脳の大きさにわずかな差、大規模研究で確認」
http://www.afpbb.com/articles/-/3118188?cx_part=txt_topics


こちらのリンクはその論文。
Subcortical brain volume differences in participants with attention deficit hyperactivity disorder in children and adults: a cross-sectional mega-analysis


この研究報告を踏まえ、「ADHD の改善」が期待できるサプリメントをご紹介いたいましょう。


まずは当ブログで以前ご紹介した下記リンク先の医学論文をおさらいする必要があるかもしれません。

ちなみに、この論文の中で使われているアメリカ人参エキスは【高麗人参エキス】に替えることができます。

なぜなら、効果を上げあるのは「活性成分」に他なりません。

そしてアメリカ人参と高麗人参は、活性成分が主要な点で同じだからです。


Lyon MR, Cline JC, Totosy de Zepetnek J, Shan JJ, Pang P, Benishin C. J Psychiatry Neurosci. 2001. Effect of the herbal extract combination Panax quinquefolium and Ginkgo biloba on attention-deficit hyperactivity disorder: a pilot study. 2001 May;26(3):221-8.


少し翻訳してみました。

ご興味のある方はぜひ全文をお読みくださいませ。


〜 ADHD に対する人参エキスとイチョウ葉エキスの効果 〜

方法:博士らは3〜17歳までの ADHD の診断基準 (DSM-) に該当する児童36人を対象として研究を行った。

児童らには人参エキス 200mgとイチョウ葉エキス 50mgが入ったカプセルを 2粒/日、空腹時に 4週間内服してもらい、内服開始から 2週間後と 4週間後に評価を行った。

評価方法としては、投与前と後で親に対する調査を行い、ADHD の主要な症状 (反抗的行動、学習障害、多動‐衝動性、易不安性、完璧主義、社会的問題、情緒不安定性) の変化および、満たす ADHD の診断基準 (DSM-検▲灰福蕊床措榲戞CPRT:conner’s parent rating scale)など) の変化について観察した。

結果:人参エキスとイチョウ葉エキスの入ったカプセルを飲み始めてから2週間後、上記した7つの主要症状のうち反抗的行動については 64%の児童で、学習障害については 56%の児童で、多動性‐衝動性については50%の児童で改善が認められた。

4週間後には、7つの主要症状すべてで有意な改善が認められた。

また7つの評価基準に照らしてみても2週、4週どちらの時点においてもすべての評価基準で有意な改善が認められた。例えば、DSM-犬良埣躇佞旅猝椶任 2週の時点で 39%の児童で、4週の時点では 75%の児童で改善があった。

副作用については、衝動性や過活動性が増したと判断された児童が2人いた。

また、リタリンを併用した児童で発汗や頭痛があった児童がそれぞれ1人ずついたが、人参とイチョウ葉の影響であるのかどうかは断定できなかった。


・・・・引用を終了。・・・・



そして、今回の注目点は、こちらです!

この論文に書かれた Ginseng extracts の項目で述べられている、次の内容をご覧ください。


≪抜粋≫
Ginsenosides have been shown to possess neurotrophic effects. The ginsenosides Rb1 and Rg1 have been shown to potentiate the effects of nerve growth factor, which is a critical endogenous neurotrophic substance.
This suggests that long-term administration on ginseng extract may have the potential to promote the growth of underdeveloped brain regions in those with ADHD.



≪要約しますと、こうなります≫
【ginsenosides は神経栄養作用を有している】



この ginsenosides とは、高麗人参エキスやアメリカ人参エキスに含まれる活性成分です。

ginsenosides Rb1、Rg1は、神経成長因子の効果を促進させる、とあります。


つまり、アメリカ人参もしくは高麗人参の抽出物(エキス)を長期間摂取すると、

ADHDの患児の未発達な脳の、部分的な成長を促進できる可能性が、ある。 


したがって、ADHDを改善する手立ての一つとしては、

短期的に、また、長期的にも、

イチョウ葉エキス+高麗人参エキスの組み合わせが良いのではないでしょうか。


では、参考までに、どんな高麗人参エキスを買えば良いか?ですが、


購入する前に、調べたい点は、上記【活性成分が含まれている】か否か、です。


日本で売られている【サプリメントのラベル】には「活性成分」は書かれおりません。

それをラベルに表記してしまうと法に触れかねないからです。


そこで、
含まれる活性成分については、メーカーに直接尋ねるか、メーカーのHPの細部い目を通すことが必要です。



たとえば、キロンが発売する SWITCH には、上記条件を満たす (必要な分量と活性成分の) 高麗人参エキスとイチョウ葉が含まれているようです。


加えて、ADHDに良いとされるホスファチジルセリン、そして、バコパモエキスも配合されています。

SWITCH を検討されてみても良いかもしれません。


▼SWITCH の Amazonページ
https://www.amazon.co.jp/dp/B0095GON76