本日は、ホスファチジルセリン についてのお話し。

ざっくり言うと

・信頼できるエビデンスから見て、ホスファチジルセリンは、

脳のパフォーマンスを安全に高める可能性が高い。

では、そのエビデンスとは?

・ホスファチジルセリンは、記憶力のパフォーマンスを助ける。

受験生は、ホスファチジルセリンとイチョウ葉エキスの組み合わせを選ぶべきでしょう。

では、その分量とは?



それでは詳細です。

まずは、ホスファチジルセリンとはなんであるか?


ホスファチジルセリンは、細胞膜を構成するリン脂質のひとつ。


人間の細胞は、すべてこの脂質を含んでおり、生存に必要な機能は、このホスファチジルセリンに頼っている、と言うことができます。


たとえば、

・生命活動のエネルギーの産生 (ATP産生)


・生命機能を保つためのイオンのホメオスタシス機能


・細胞レベルでの活性化や不活性化、などなど。


そしてホスファチジルセリンは、とくに、ニューロンやシナプスの膜に多く存在し[1]、


アセチルコリンやドーパミン、ノルアドレナリンといった神経伝達物質の放出やシグナル伝達に関与しています。[2,3,4,5] 


ホスファチジルセリンの、頭脳への有益性について、科学的研究は次の効果を報告しています。


・記憶力の改善作用


・神経保護作用


・抗ストレス作用


・抗うつ作用


脳の健康が気になる方に、ホスファチジルセリンは、すでに定番のサプリ、ではないでしょうか。



では、こんな研究報告はいかがでしょう。


平均年齢20.4歳の健常人を対象にしたイチョウ葉エキスとホスファチジルセリンとの組み合わせを調査したものです。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17457961

組み合わせはこう。


1) イチョウ葉エキス120 を単体で摂取した場合。


2) イチョウ葉エキス120 とホスファチジルセリン (PS) 360 を同時に摂取した場合。


3) イチョウ葉エキス120 とホスファチジルコリン (PC) 360 を同時に摂取した場合。


その三パターンで、一定時間後に


「注意力のスピード」


「注意力の正確性」


「記憶力のスピード」


「記憶の正確性」


「二次記憶」


「ワーキングメモリー」 を調べています。


結果


2) イチョウ葉エキスとホスファチジルセリン の組み合わせが、最も効果の高い組み合わせ、だったようです。


● 「注意力のスピード」 においては

イチョウ葉エキス単独の1) と

イチョウ葉エキスとPCの3) が、

2.5時間後まで有意に速くなった。


そして、イチョウ葉エキスとPSの同時摂取 2) は、

さらに、6時間後においても有意に速い。

イチョウ葉エキスとホスファチジルセリン(PS)は、注意力のスピードにおいて、相性が良いようです。


● 「注意力の正確性」 では


イチョウ葉エキスとPS 2) の組み合わせに有意な改善がみられた。

これもイチョウ葉エキスとホスファチジルセリン(PS)が良いようです。


● 「記憶のスピード」 では


イチョウ葉エキスとPC 3) が4時間後に逆に遅くなったが、

しかし、イチョウ葉エキスとPS 2) は、

摂取1時間から6時間後のすべてで有意に改善した。[6]


今回のタイトルは、次のように書き換えるべきかもしれません。


「脳のパフォーマンスのためには、ホスファチジルセリンとイチョウ葉エキス、この二つを併せて摂るべきである」


ではなぜ、ホスファチジルセリンは記憶力を改善させるのでしょうか?

という続きは、パート2で!


参考までに

上記、イチョウ葉エキスとホスファチジルセリンを組み合わせているサプリメントは、

キロンから発売されているスウィッチが知られています。

スウィッチ 2カプセルには、
イチョウ葉エキス120mg、
大豆レシチン抽出物(ホスファチジルセリン含有)100mg、
高麗人参エキス200mg、
バコパモニエラエキス80mg が入っています。


高麗人参エキスといえば、男性の活力で知られてもいますが、

実は、大変優れたスマートハーブでもあり、認知機能に有用です。

イチョウ葉エキス120mgと高麗人参エキス200mgの組み合わせは、

記憶力や注意力に有益。

PMID: 30729756
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=30729756




さらに、イチョウ葉エキス とアメリカ人参エキスの組み合わせは、

注意力へのサポート力が、高麗人参よりも高いようです。

PMID:11394191
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=11394191



なぜなら、アメリカ人参エキスには、ワーキングメモリーへのサポートが示唆されているからです。

PMID:2952762
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2952762/





注意力に重点をおいてサポートしたい方は、

アメリカ人参エキスが入ったキロンの COOL SWTCH が良いかもしれません。


パート2へ

新switch %282%29

新hyper_switch %282%29

cool_switch01切取白 最白



[1] Kidd PM. 1999. A review of nutrients and botanical in the integrative management of cognitive dysfunction. Altern Med Rev 4:38-43
[2] Bruni A,Toffano G.1982. Lysophophatidylserine, a short-lived intermediate with plasma membrane regulatory properties. Pharmaco Res Commun 14(6):469-484
[3] Yoshimura T, Sone S. 1990 Role of phosphatidylserine in membrane actions of tumor necrosis factor and interfoerons alpha and gamma. Biochem Int 20(4):697-705
[4] Cohen SA,Mueller WE.1992. Age related alterations in the mouse forebrain:partial restoration by chronic phosphatidylserine treatment. Brain Res 584: 174-180
[5] Moynagh PN, Williams DC.1992. Stabilization of the peripheral-type benzodiazepine acceptor by specific phospholipids. Biochem Pharmacol 43(9): 1939-1945
[6] D.O.Kennedy, C.F Haskell, P.L Mauri, A.B Scholey.2007. Acute cognitive effects of standardized Ginkgo biliba extract conplexed with phosphatidylserine. Hum.Psychopharmacol Clin Exp 2007 ;22:199-210
[7] Pedata F et.al. 1985. Phosphatidylserine increases acetylcholine release from cortical slices in aged rats. Neurobiol Aging 6(4): 337-339
[8] Benowitz LI et.al. 2000. “GAP-43:an intrinsic determinant of neuronal development and plasticity”. Trends Neurosci 20(2):84-91
[9] Gianotti C et.al. 1993. B-50/GAP-43 phosphorylation in hippocampal slices from aged rats: effects of phosphatidylserine administration. Neurobiol Aging 14(5): 401-406
[10] 酒井 正士, 加藤 豪人. 2010. 大豆ホスファチジルセリンの脳機能改善効果 Anti-aging Science 2(2): 57-61
[11] Calderon C, Huang ZH, Gage DA, et.al. 1994. Isolation of a nitric oxide inhibitor from mammary tumor cells and its characterization as phosphatidylserine. J Exp Med 180: 945-958
[12] Venema RC, Sayegh HS, Arnal JF, et.al. 1995. Role of enzyme calmodulin-binding domain in membrane association and phospholipid inhibition of endothelial nitric oxide synthase. J Bio Chem 270: 14705-14711
[13] Monastra G,Gross AH, Bruni A et.al. 1993. Phosphatidylserine, a putative inhibitor of tumor necrosis factor, prevents autoimmune demyelinaction. Neurology 43: 153-163
[14] Angelucci L, Ramacci MT, Taglialatela G, et.al. 1988. Nerve growth factor binding in aged rat central nervous system: effect of acetyl-L-carnitine. J Neuroscience Res 20:491-496
[15] Nunzi MG, Milan F, Guidolin D, Toffano G. 1987. Dendritic spine loss in hippocampus of aged rats Effect of brain phosphatidylserine administration. Neurobiol Aging 8:501-510
[16] Cenacchi T, Bertoldin T, Farina C, et.al. 1993. Cognitive decline in the elderly: a double-blind,placebo-controlled multicenter study on efficacy of phosphatidylserine administration. Aging(Milano) 5:123-133
[17] Monteleone P,Beinat L, Tanzillo C, et.al. 1990. Effects of phosphatidylserine on the neuroendocrine response to physical stress in humans. Neuroendocrinology 52:243-248
[18] Monteleone P, Maj M, Beinat L, et.al. 1992. Blunting by chronic hosphatidylserine administration of the stress-induced activation of the hypothalamo-pituitary-adrenal axis in healthy men. Eur J Clin Pharmacol 42:385-388
[19] Maggioni M, Picotti GB, Bondiolotti GP,et.al. Effects of hosphatidylserine therapy in geriatric patients with depressive disdoers. Acta psychiatr Scand 81:265-270
[20] Crook T,Petrie W, Wells C, Massari DC. 1992. Effects of phosphatidylserine in Alzheimer’s disease. Psychopharmacol 42:385-388
[21] Amaducci L. 1988. Phosphatidylserine in the treatment of Alzheimer’s disease: results of a multicenter study. Psychopharmacol Bull 24:130-134
[22] Parris M. 1999. A review of nutrients and botanicals in the integratetive management of cognitive dysfunction. Alternative Medicine Review 4(3):144-161