反逆者のための
サプリメント日記

スマート・サプリメント情報をお届けいたします。受験生やビジネスマン、運命に挑むあなたのお手元へ。

2019年03月

問題  記憶力と集中力への効果がより期待できるのは次の三つのどれでしょう?

1.イチョウ葉エキスを摂る。
2.高麗人参を摂る。
3.イチョウ葉エキスと高麗人参を併せて摂る。

答え
イチョウ葉エキスは、高麗人参と併せて摂りましょう。


きょうはそんなエビデンスのご紹介。

スイスで発売されている「Gincosan」を用いた記憶力、集中力、注意力への実験です。

研究に使われた Gincosan 160mg とは、その製品1カプセルのこと。

イチョウ葉エキス60mg 、高麗人参100mg が入っています。

下記リンクは、Gincosanのメーカーサイト。
http://www.ginsanaproducts.com/our-products/gincosan.html


ところでイチョウ葉と高麗人参。

日本のサプリではキロンのスウィッチ SWITCH がおなじみかもしれません。

キロンのスウィッチ は、1カプセルにイチョウ葉エキス60mg、高麗人参100mg、大豆レシチン抽出物(ホスファチジルセリン含有)50mg、バコパエキス40mg が入っています。

知性には相性の良い組み合わせです。


SWITCH が手に入るのは実に幸いです。(COOL SWITCHも出たようです)

なにせわれわれ日本人

シゴトとベンキョウ、愛していますから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ギンコ(イチョウ葉エキス)と高麗人参を一緒に摂取することによる、生理的・精神的効果を評価した研究レビュー

A systematic review of research investigationing the physiological and psychological effects of combination Ginkgo biloba and Panax ginseng into a single treatment in humans:Implications for research design and analysis

PMID: 30729756
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=30729756


Abstract
背景と目的:高麗人参とギンコは昔から使用されているハーブサプリメントですが、臨床的エビデンスは完全には解明されていません。

この2つのハーブを一緒に内服することによる相乗効果を明らかにしたいと思います。


方法:我々は人を対象として2つを同時に摂取して生理的・精神的結果によりその効果を調査した論文を対象にレビューという形でまとめました。(以下省略)


結果:8つの論文が見つかりました。もっともはっきりした結論が出ていたものは、患者への循環器系/心血管系システムへの有効性と、患者と健常人に対する二次記憶への効果でした。


Introduction
高麗人参とギンコはどちらも伝統的なハーブサプリメントです。

それぞれ単体で様々な効果が示されており、例えば人参は中枢神経系の神経伝達物質に対する効果が報告されており、またアミロイドの沈着を予防することも示されています。

ギンコの活性物質もまた、中枢神経系の神経伝達物質経路に対する効果が認められており、中枢神経系・末梢神経系お血流を調整することも確認されています。(以下省略)


Results
一番最初の報告が1992年、最近の報告が2004年でした。

すべての報告がPanax ginseng抽出物G115 とGinkgo biloba抽出物GK501を使用していました。


3.2.1 内服初期におけるGincosanとプラセボとの効果の比較
Kiesewetterらが報告しており、二重盲目プラセボコントロール交叉試験の形で10人の被験者を対象に行っています。

Gincosan160mg(注:高麗人参100mg、イチョウ葉エキス60mg)
or
320mg(注:高麗人参200mg、イチョウ葉エキス120mg)
を単回内服し、60分後の生理学的効果を評価しています。

その結果安全性が証明され、また血圧や脈拍、血小板凝集、皮膚毛細血管での赤血球速度の改善が認められました。

その効果は320mg内服群の方が高いものでした。


3.2.2 Gincosanとプラセボでの長期/初期効果の比較
1997年KiesewetterらはGINCOSANの人の行動に対する効果を調査しています。

43-72歳の85人の被験者を対象に二重盲目ランダム化プラセボコントロール研究の形で行っています。

最初の4週間プラセボを内服、その後の8週間Gincosanを内服してもらい、4週目時点と8週目時点での臨床評価を行っている。

この論文では「4週目」「8週目」というのが、Gincosanを内服開始してから「4週」「8週」なのか、ギンコサンの内服すべてが終了してから「4週」「8週」なのか書かれていないため、完全に「長期効果」と言い切ることはできないだろう。

このような問題点はあるが、Gincosanは人の行動に変化をもたらしたようです。

特に8週目の評価で集中力と忘れっぽさの点で改善が認められています。


3.2.3 Gincosanの用量による初期/長期効果に重点を置いた研究
1997年、Wesnesらは平均年齢54歳の64人の被験者を対象に80mg, 160mg, 320mgの3つの用量をそれ俺内服してもらう研究を行っています。

2つの認知項目(記憶力と注意力)に対する評価と被検者の気分に対する評価および情報処理スピード(Vienna Determination Test)と運動時最大心拍数の評価を行っています。

評価は内服1日目、30日目、90日目で行いました。

160mg内服群および320mg内服群では記憶力の改善が認められた一方、80mg内服群では有効性は認められませんでした。

反対に80mg内服群では最大負荷時心拍数の上昇が抑えられ、被験者の身体に対しては有益な効果が認められました。

情報処理スピードでは有意な変化は認められませんでした。(以下省略)


3.2.4 長期、長期/初期における用量によるGincosanの効果
関連した4つの研究がなされています。

Wesnesらは2000年256人の健常人を対象に160mg 1日2回、もしくは320mg 1日1回内服してもらい、二重盲目プラセボコントロール研究を行っています。

このプロトコールはかなりしっかりしたもので16週にわたって行われています。

すべての被験者に2週間プラセボを内服してもらい、その後12週間Gincosanを、さらに2週間のwash-out期間を設けています。

評価はプラセボ内服前後、Gincosan内服開始後4週、8週、12週、内服終了後2週目で行われています。

1) 記憶の正確さ 2) 記憶の早さ 3) 集中力 4) 集中力の持続を評価項目としています。

興味深い結果として、Gincosanを内服すると内服を4,8,12,14週の評価時点すべてで記憶力に有意な改善が認められています。

つまり、その効果は内服中止後2週間持続したのです。

このことにより、Gincosanは記憶力に長期的効果があることが確かめられたのです。(以下省略)


3.2.5 Gincosanとプラセボの内服初期の効果の比較
短期効果については、Kennedyらが2001年二重盲目プラセボコントロール試験の形で研究報告を行っています。

平均年齢20.6歳の20人の健常人を対象に7日間のwash-out期間を設けたのち、320mg, 640mg, 960mgを内服してもらっています。

そして、内服前と内服後1,2.5,4,6時間時点での評価を行いました。

6項目a) 記憶の質 b) 二次記憶 c) ワーキングメモリー d) 記憶スピード e) 注意力の早さ f) 注意力の正確さ について評価しています。

960mg内服群では、内服後1時間と6時間時点での記憶力の質の改善が認められました。

この研究では記憶力に対して有益な効果が認められ、注意力への効果は認められませんでした。


3.2.6 Gincosan、ギンコ、高麗人参、プラセボ間での短期効果の比較
Kennedyらの2つ目の研究はGincosanとその構成物質単体、(ギンコ、高麗人参)での効果の比較を行っています。

平均年齢21歳の健常人20人を対象に7日間のwash-out期間を設けたのち、ランダムにギンコ360mg、人参400mg、Gincosan960m、プラセボを内服してもらいました。

内服前、内服後1,2.5,4,6時間の時点で3.2.5の研究で評価した6項目について調査しました。

6項目の評価結果を見ると、Gincosan960mg(注:6カプセル)内服群では“記憶の質”の改善が認められました。

加えて、その効果は2次記憶の成績の上昇によりもたられるものであることがわかったのです。(途中省略)

今回の研究でGincosanとその構成物質単体との比較をしたことで、その相乗効果について評価することができました。

記憶の質に関しては、ギンコ、高麗人参単体であっても記憶の質の改善は見込めるものの、効果を発揮する時間はそれぞれ異なっていました。(ギンコは内服後約6時間、高麗人参は内服後約4時間)

この結果により、ギンコと高麗人参を組み合わせることにより、記憶の質の改善がよりパワフルにはっきりとしたものになる可能性があり、さらに効果発現時間も早いものになる(内服後60分)可能性が示唆されました。


3.2.7 短期の用量依存性効果におけるGincosan、ギンコ、高麗人参、プラセボの比較
Scoley、Kennedyらの3つ目の研究では3.2.6の研究をさらに進め、用量による効果の違いを明らかにするため、3つの研究が行われています。

いずれも二重盲目プラセボコントロール交叉試験でギンコを120mg、240mg、360mg、高麗人参を200mg、400mg、600mg、ギンコサンを320mg、640mg、960mg内服してもらっています。

結果ギンコサンでは明確に用量依存性の効果が認められました。(以下省略)


3.2.8 省略


Discussion
今回集めた8つの研究結果の検討により人参とギンコの飲み合わせは認知機能の改善により効果があることがはっきりとしました。

この効果は健常人でも認められ、内服後60分程度で効果が発現し、内服中止後も14日間程度持続することがわかりました。(以下省略)
gincosan

新switch %282%29


キロンのスウィッチは、アマゾン、楽天でも入手できます。

健康な若年被験者を対象としたギンコを短期内服した際の認知機能に対する用量依存性効果の検討

The dose-dependent cognitive effects of acute administration of Ginkgo biloba to healthy young volunteers.

PMID:11026748
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=11026748


Abstract
Rationale:イチョウ葉エキス(ギンコ)を長期に内服することにより、認知機能が改善することがわかってきています。

しかし、ギンコの短期的作用についてははっきりとわかっていることは少ない状態でした。

最近の研究により、CDR(Cognitive Drug Research)により測定された4つの認知項目(注意力の速度、注意力の正確さ、記憶の速度、記憶の正確さ)が認知機能の変化を測定するのに有用であることがわかってきました。


Objective:今回の研究ではギンコをCDR4項目に明確な効果をもたらすかどうかを評価しました。


Method:この研究は二重盲目プラセボコントロール交叉試験の形で行いました。

20人の被験者を対象にギンコ抽出物120mg,240mg,360mgもしくはプラセボを内服してもらいました。

認知機能をCDRコンピュータテストにより内服前、内服後1,2.5,4,6時間で測定し、それにより認知機能の4項目について評価しました。


Results:プラセボ群と比較してギンコを内服すると多くの有意な変化が認められました。

それらの中で最もはっきりとしたものが、用量依存性の注意力の速度の改善でした。

240mg,360mg内服群どちらもで有意な改善が認められ、内服2.5時間後で最もはっきりした効果があり、内服6時間後でもその効果は持続していました。


Conclusion:今回の研究で健康な若い被験者を対象とした研究でギンコ内服により注意力の持続的な改善が認められました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上引用を終了。

お勧めのイチョウ葉エキスは、

キロンのスウィッチ SWITCH、か クールスウィッチCOOL SWITCH 。

2カプセルにイチョウ葉エキスが120咫

加えて、脳機能のための高麗人参(COOL SWITCH はアメリカ人参)、バコパ、ホスファチジルセリンも配合されています。

これらの組み合わせには、良好な働きが期待できるからです。

イチョウ葉エキスと高麗人参の同時摂取は、記憶力、集中力、注意力へのサポートが期待できます。

PMID: 30729756
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=30729756


イチョウ葉エキスとアメリカ人参の組み合わせは、ADHDの改善が期待できる

PMID:11394191
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=11394191

これは、高麗人参もアメリカ人参と同様の活性成分を持つので、高麗人参とイチョウ葉もADHDに良好な結果をもたらすことが期待できます。


また、アメリカ人参は、ワーキングメモリーの強化が期待できます。

PMID:2952762
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2952762/



加えて、イチョウ葉エキスとホスファチジルセリンの組み合わせは、

「注意力のスピード」

「注意力の正確性」

「記憶力のスピード」

「記憶の正確性」

「二次記憶」

「ワーキングメモリー」

に良好なようです。

http://livedoor.blogcms.jp/blog/taddy_/article/edit?id=51897998


バコパエキスの認知機能へのサポート力もあなどれません。

http://livedoor.blogcms.jp/blog/taddy_/article/edit?id=52003735



記憶力、集中力、注意力を助けたい方は、キロンのスウィッチ、クールスウィッチを検討されてはいかがでしょうか。

アマゾン、楽天でも入手できます。

▼アマゾン
https://www.amazon.co.jp/
▼楽天
https://www.rakuten.co.jp/

運動する若い大人における、心機能へのE-OJ-01抽出物(アルジュナ エキス)の効果

Effect of E-OJ-01 on cardiac Conditioning in Young Exercising Adults:A Randomised Controlled trial.

PMID:27930383
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=27930383


Abstract
背景と目的:心臓の健康は運動パフォーマンスに影響を与えます。身体データをみると、最大心拍数の増加は持久力の増加をもたらします。

ターミナリア・アルジュナ(TA)は心血管の健康に様々な有益な影響があることが分かっています。

今回の研究は健康な若年男性におけるTA抽出物(E-OJ-01)の心臓の状態を示すマーカーへの効果を研究することです。


研究デザイン:ランダム化二重盲目試験の形式で行い、若年の運動を行っている男性にサプリメントとしてE-OJ-01を内服してもらったうえで、効果と安全性を評価しました。

32人の健康な男性(18-40歳)で持久性運動を行っているひとを対象に56日間400mgのE-OJ-01もしくはプラセボを内服してもらいました。

LVEF(左室駆出率)、右or左室MPI(myocardial performance index (←収縮能低下、拡張能低下のどちらでもMPI値が増大する))そして、Borg RPE(自覚的運動強度(←運動時の主観的負担度を数値で表したもの。

数値が低いほど楽、高いほどきつい運動となる))を研究開始前、内服後28日目、56日目で評価しました。

さらに、開始前および内服後56日目でCK-MBおよびトロポニンT値についても評価を行いました。


結果:プラセボ群と比較して56日目の時点でE-OJ-01内服群ではLVEFの有意な改善が認められ(P=0.0001)、また右室MPIの有意な低下も認められました。(P=0.001)

Borgスケールでとらえられる運動後の疲労度ではプラセボ群と比較してE-OJ-01内服群では減少が認められました。

CK-MBおよびトロポニンT値には有意な変化は認められませんでした。

結論:TA(E-OJ-01)は健康な若年男性において心血管能率をあげ、心臓の状態を改善することがわかりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、引用を終了。

アルジュナはインドの伝統医学の心臓のために用いられます。

その働きは科学的な実験にも表れているようです。

しかし、ドーピング検査を受けるアスリートは、その点、気を付けなければなりません。

日本ではあまり知られていないアルジュナはサプリメントとして手に入れることができます。

日本ではキロンのトーチ TORCHにアルジュナが配合されています。

▼アマゾン
https://www.amazon.co.jp/
▼楽天
https://www.rakuten.co.jp/

記憶愁訴(記憶力低下を自覚すること)のある壮年日本人の記憶力に対する大豆ホスファチジルセリンの効果

Soybean-Drived Phosphatidylserine Improves Memory Function of the Elderly Japanese Subjects with Memory Complaints

PMID: 21103034

(※下記、引用は、リンク先にて)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=21103034


Abstact
大豆ホスファチジルセリンは大豆レシチンから作られるホスファチジルセリンです。記憶愁訴のある壮年日本人の認知機能に対する大豆ホスファチジルセリンの効果を明らかにするために二重盲目試験を行いました。

やや記憶力に不安のある78人の壮年の方々(50〜69歳)にランダムに決めた大豆由来ホスファチジルセリン(100mg,300mg/日)もしくはプラセボを6ヵ月間内服してもらいました。

結果として大豆由来ホスファチジルセリンを内服したことで血液検査値や血圧、脈拍などに変化はなく、副作用も認められませんでした。

内服前の時点でスコアが低かった被検者でホスファチジルセリンを内服したことによる記憶力の有意な改善が認められました。一方でプラセボ群では変化がありませんでした。


Introduction
ホスファチジルセリンは脳に多く存在しているリン脂質膜の構成物質です。

ホスファチジルセリンの中枢神経系への影響が広く知られています。[1-5]

アメリカや欧州での臨床研究で牛由来ホスファチジルセリンが壮年被験者[6-10]やアルツハイマー病の患者[8,9]、年齢による記憶障害(AAMI)の患者[10]での認知機能の改善することがわかっています。

しかし、牛由来ホスファチジルセリンはBSE(狂牛病)のリスクがあるため、現在では使用されていません。

大豆由来ホスファチジルセリンはBSEのリスクがないためさかんに研究が行われてきました。[12]


(以下要約)1995年GindinらがAAMIのある壮年被験者に対して大豆由来ホスファチジルセリン(300mg/日 3か月間)の記憶力改善効果を報告したのが最初です。[17]

Crookらも大豆由来ホスファチジルセリン(300mg/日 12週)がAAMIの被験者で記憶力改善が認められたと報告しています。[18]

その他、同様の報告がありますが日本人を対象としたものはありませんでした。

我々は2005年AAMIの壮年被験者に対して大豆由来ホスファチジルセリンを内服してもらい、DWR(delayed 3words recall)テストで有意な改善を確認しました。[21]

これらの研究をベースとして我々は記憶に不安のある日本人壮年被験者を対象に大豆由来ホスファチジルセリン(100mgもしくは300mg/日 6か月)の効果を二重盲目試験の形で計画しました。

記憶力にやや不安のある被検者を抽出するためにRBMT(リバーミード行動記憶検査)を使用しました。[22]

それは記憶力の評価にフォーカスしてある試験です。

6か月の内服期間ののち、3か月のフォローアップ期間をとり、内服を中止したのち大豆ホスファチジルセリンの効果があるかどうかを調べました。


方法
対象(一部要約)
50-69歳の東京在住の男女でやや記憶力に不安のある方を対象としました。

まず、被験者の記憶力の低下の程度を評価し、特にHDS-RのDWRの項目について調査しました。

さらにRBMT、HDS-R、MMSEなどを使用し、スクリーニングを行いました。

その結果、700人のボランティアのうち78人が条件を満たしました。

5人がドロップアウトし結果として78人となりました。


研究デザイン
今回の研究はランダム化二重盲目試験の形で行い、被験者をランダムに3つの群に分けました。(それぞれ28人ずつ)どの群でも平均年齢や性別、教育を受けた年数、前述のスコアなどで違いはありませんでした。(表1,5)

スクリーニングを行って1ヵ月以内に3つの群にプラセボ、ホスファチジルセリン100mg/日、ホスファチジルセリン300mg/日を6ヵ月間内服してもらいました。

その後さらに3ヵ月経過観察を行いました。

内服開始前、内服から6ヵ月目、経過観察後3ヵ月目で評価を行いました。

認知機能を評価する目的にHDS-R、MMSEを、抑うつ気分の評価にGDSを、そして安全性を評価するために血液検査、尿検査を行いました。

さらに、RBMT、EMCについても内服開始前、内服1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月、経過観察3ヵ月で評価を行いました。

※RBMTについて
RBMTは記憶力について検証するテストです。[22]

12項目からなり、個人の出来事や人の名前、新聞記事や訪れた場所といった毎日の記憶について評価します。(以下省略)

※HDS-R(長谷川式スケール)について
HDS-Rは認知症の診断に日本でよく用いられている評価方法です。
30点満点中21人より低いと認知症の可能性があります。

我々はこのうちDWRの項目に注目しました。

というのは、予備研究で大豆ホスファチジルセリンはこの項目に最も効果があったのです。[21]

DWRというのは、被験者に3つの関連のない単語を提示し、あとでそれを言ってもらうという方法です。

※EMC(日常記憶チェックテスト)について
EMCは記憶障害による日常生活での障害のていどを評価する方法です。[28]日常生活で起こりやすい記憶に関する問題や支障を13項目で評価します。


※安全性
血液検査および尿検査を内服前、ホスファチジルセリン内服終了直後(6ヵ月時点)、内服終了3ヵ月時点で行い、また血圧や脈拍といったバイタルサインについても評価しました。


結果
・安全性
研究期間を通じて、ホスファチジルセリンやプラセボを内服したことに関連する副作用は確認されませんでした。

表2,3に示したようにすべての群で血算および血液生化学値での有意な変化は確認されませんでした。
バイタルサインや尿検査でも変化はありませんでした。(表4)


・認知機能
RBMTでのスコアの変化を表5に記載します。

3群すべてでスコアの有意な上昇(改善)が認められ、いずれの時点でも大豆ホスファチジルセリン内服群とプラセボ群との間には有意な違いは認められませんでした。

内服開始前にRBMTスコアが19以上だった群とRBMTスコアが19以下だった群いずれにおいても有意な差は認められませんでした。

HDS-Rスコアについても内服期間中3群すべてで上昇(改善)が認められ、3群間では有意な差は認められませんでした。

しかし、3ヵ月の経過観察期間ののち、プラセボ群のスコアは内服前の水準まで落ちていましたが、ホスファチジルセリン100mg/日内服群および300mg/日内服群どちらにおいても高いスコアを維持していたのです。

HDS-R高スコア群では内服開始前後でHDS-Rスコアに有意な違いは認められませんでしたが、HDS-Rスコアがベースの時点で低い群では大豆ホスファチジルセリン内服後有意なスコアの改善が認められたのです。

図3(A)はHDS-RのDWR項目が低かった群のものです。

大豆ホスファチジルセリン内服群のスコアは内服前に比べて有意に改善し3ヵ月の経過観察後の評価で大豆ホスファチジルセリン100mg/日内服群、300mg/日内服群どちらにおいてもプラセボ群との有意な違いが認められました。

DWRにおけるスコアの改善の傾向は、そのトータルスコアの改善傾向と酷似していました。

このことは、トータルスコアの改善は主にDWR項目の改善によってもたらされるということを示しています。

事実、HDS-Rのその他の項目では有意な変化は認められませんでした。

内服前後での変化は小さいものではありましたがMMSEでのDWR項目についても同様の傾向が認められました。

大豆ホスファチジルセリン内服群では内服前に比べてスコアの有意な改善が認められましたが、その改善の程度はプラセボ群と比較して有意な違いが出るほどのものではありませんでした。


結論(一部抜粋)
言葉の思い出しの遅れは認知症の早期の段階での評価に有用であると言われており[30,31]今回の研究結果である大豆ホスファチジルセリンが認知症のごくごく初の治療として有効であると事を示しています。

RBMTについては、顔認知や顔と名前との関連付けなどの項目がありホスファチジルセリン内服によってスコアが改善したとの報告があります。[18,19]

今回、そのような改善が見られなかった一つの要因として、今回の被験者は内服前からすでに高スコアをマークしている人たちであり、これ以上の改善が見込めなかった可能性があります。

我々は今回、血中ホスファチジルセリン値の測定は行いませんでしたが、いくつかの薬物動態の研究で内服したホスファチジルセリンは速やかに吸収され、BBB(血液脳関門)を通過し、脳に達することが確認されています。[32]

ラットを用いて大豆ホスファチジルセリンを脳血管に直接投与する研究でも記憶力の改善が確認されており[15]、大豆ホスファチジルセリンが脳に直接効く可能性が示唆されます。(以下省略)


・・・・・以上引用終了・・・・・・・・・・・・・・


キロンから発売されているスウィッチ SWITCH、または クールスウィッチ COOL SWITCH は、
壮年期 (50歳以上)の「物忘れ」に対し、より良い選択といえるかもしれません。

1回分に大豆レシチン抽出物(ホスファチジルセリン含有)100mgを有しています。

他にも、脳の健康に寄与するイチョウ葉、高麗人参 (COOL SWITCH はアメリカ人参)、バコパが含まれています。

それらハーブの組み合わせは、とても相性が良いです。

スウィッチ、クールスウィッチは、アマゾンや楽天でも入手可能です。

新switch %282%29



乳児、壮年、超高齢の脳におけるルテインとStARD3の関係

Rerationship between Concentrations of Lutein and StARD3 among Pediatric and Geriatric Himan Brain tissue

PMID: 27205891

下記、引用および表はリンク先にて
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=27205891

Abstract
ルテインはカルチノイドであり、人間の網膜や脳に選択的に存在しています。

多くの研究によりルテインと認知機能の間には関連があることが示されてはいますが、ルテインの脳組織への取り込みやその神経伸長への影響および認知機能への分子学的レベルでの評価はまだ少ないのが現状です。

今回の研究の目的は3つの年齢層(1-4か月児、壮年から高齢55-86歳、超高齢98-105歳)で脳ルテインとStARD3(網膜組織において結合蛋白だとわかっています。)との関係を明らかにすることです。

脳ルテイン濃度とStARD3濃度について解析を行いました。

その結果、乳児の脳で強い相関関係が認められたのです。

それにより、ルテインは神経伸長に関与しているということがわかりました。

壮年ではその関係性は有意でしたが弱くなり、100歳前後では関係性は有意なものではなくなっていました。

そして100歳前後の被検者10人のうち7人で認知症やMCIの症状が認められました。

この研究で、加齢によりStARD3の減少や機能不全が起こることが示唆されました。

StARD3は神経伸長の異常の過程の原因と考えられているコレステロール輸送に関連しており、ルテインにはこれらの疾患に対するの神経保護能がある可能性があります。


Introduction
カルチノイドは食べ物の中に一般的に含まれている色素です。

約40種類のカルチノイドが食べ物から見つかっていますが、2種類のカロチノイド、ルイテインとゼアキサンチンのみが血液網膜関門を通過することができます。

そして網膜では3種類の網膜カルチノイド結合蛋白が同定されており、そのうちのひとつがsteroidogenic acute regulatory domain 3(StARD3)です。StARD3は膜タンパクとして必要不可欠なものであり、エンドソームやリソソーム細胞小器官に存在しています。

そして脂質輸送に関わっていると考えられてます。

脳でのコレステロール輸送の異常は年齢を重ねるにつれて頻度が増してくることを考えるとStARD3は認知機能に重要な関わりがある可能性があり、またアルツハイマーなどの神経変性疾患のオンセットになっている可能性があります。

そのため、今回の研究では乳児、壮年期、100歳前後の脳でのルテインとStARD3の関連性を評価することとします。


Materials and Methods(一部抜粋)
対象:乳児(1-4ヶ月)、壮年から高齢(55-86歳)、100歳前後(98-105歳)の脳組織で調査を行いました。

脳組織には様々な部位が含まれており、海馬(Hipp)や側頭葉(TC)、前頭葉(FC)、後頭葉(OC)がありました。


Results
被検者の特徴:表1(省略)

脳ルテイン濃度
脳ルテイン濃度3群での脳組織のトランスルテインの平均濃度は表2に記載されています。

すべての脳組織でトランス-ルテインが検出されました。

一方、シス-ルテインは乳児は17人中5人のみ、壮年では16人中7人のみ、100歳前後では15人中4人のみで検出されました。

乳児で前頭葉と海馬との間、および100歳前後の前頭葉と側頭葉との間でのトランス-システインの濃度に差はありませんでした。

しかし、壮年期の後頭葉トランス-ルテイン濃度は海馬のそれよりも優位に高いという結果がでました。(P<0.05)

また、100歳前後の脳すべてのルテイン濃度の平均は乳児と比して有意に高いという結果になりました。(P<0.05)


脳StARD3レベル
脳組織のStARD3タンパクのレベルはウエスタンブロット法によるバンドの濃さで測定を行いました。(表2)

乳児前頭葉と海馬間、壮年前頭葉と側頭葉間でStARD3バンドの濃さに有意な差はありませんでした。

注目すべきはシス-ルテインを検出できなかった乳児脳組織と比較してシス-ルテインを検出できた乳児脳組織では有意にStARD3レベルが高かったのです。(P<0.05)そのような差は壮年や100歳前後では認められませんでした。


脳ルテイン濃度とStARD3レベルの関連性
それぞれの群で脳ルテイン濃度とStARD3レベルの関連性を分析しました。

乳児の脳のトランス-ルテイン濃度はStARD3バンドの濃さと有意な相関関係にありました。(P<0.001)(図1A)

脳の各部位で見ると前頭葉では有意な相関関係となりましたが、海馬では相関関係は認められませんでした。

これはこの部位のサンプル数が少なかったことが原因と考えられます。

シス-ルテインもすべての乳児脳組織でStARD3との有意な相関関係が認められました。(図1B、P<0.05)

壮年では脳トランス-ルテイン濃度とStARD3レベルとの間にはわずかな相関関係が認められました。(P=0.053)(図2A)

一方、StARD3とシス-ルテイン濃度単独およびStARD3と総ルテイン濃度の間には有意な相関関係が認められました。(図2B,C)(とちらもP<0.05)

後頭葉および海馬単独では有意な関連性がでませんでしたが、これはサンプル数の問題と考えられます。

さらにアルツハイマー病の患者を除いて解析を行っても、総ルテイン濃度とStARD3レベルとの間には統計的な優位さが残りました。

100歳前後ではStARD3とトランス-ルテイン、シス-ルテイン、総ルテインとの間に関連性は認められませんでした。(図3A-3C)


Discussion(一部抜粋)
今回の結果でルテインとStARD3との間に有意な関連性があることを考えると、脳組織へのルテインの選択的集積はこの結合タンンパクによるものと考えられます。

この相関関係は乳児期で非常に強く、壮年でやや弱いものに、そして100歳前後では関係性がなくなっていました。(一部省略)

乳児の脳にルテインが選択的に集積することも併せ、この乳児期の強い相関関係によりルテインが若年期の神経伸長に重要な役割を果たしている可能性があります。

年齢によるルテインとStARD3の関連性の減少は、加齢によるStARD3の減少もしくは機能不全を反映している可能性があります。

今回の研究でも、ルテインとStARD3の関連性を評価する際にアルツハイマー病を患っている被験者を除いて解析を行うと、ルテイン濃度とStARD3レベルの相関関係はよりはっきりとしたものになりました。(途中省略)


今回の研究でルテインが人の脳細胞に選択的に取り込まれることがわかりました。

StARD3がルテインに選択的結合することを考えると、脳にルテインが選択的に集積することに説明がつくかもしれません。

そしてStARD3は膜関連タンパクであり、ルテインも膜で見つかっている[19]ことを考慮すると、ルテインはニューロン間のギャップ・ジャンクションに影響を与えるシナプス膜の主要な構成物質であり、調整能を有する物質である可能性があります。(以下省略)

・・・・・・・・・・・引用終了・・・・・・・・・

ルテインは脳の健康に役立つ可能性が高いです。

では、ルテインをその目的で用いているサプリはあるのでしょうか?

キロンのスカイライトがそれにあたります。

スカイライトには、脳の健康サポートのために、ルテイン、クルクミン、アムラ、スピルリナ、アルファリポ酸、アスタキサンチンが配合されています。

パソコンと長時間向き合わざるを得ない知的労働者にとって、目や脳の健康をサポートするSKYLIGHTは、頼れるアイテムとなることでしょう。

CK005

https://www.amazon.co.jp/


本日はちょっと趣を変えて、冷え性に悩む方へのご案内。

反逆的精神が冷え切ってしまうその前に。

これは日本人女性を対象にした(珍しい)エビデンス。



寒冷暴露の際の、アムラ(Emblica officinalis Gaertn.)抽出物を摂取することによる体表面温の回復と血流の回復  −ランダム化二重盲目試験―

Effect of Amla(Emblica officinalis Gaertn.) Etract Ingestion on recovery Body Temperature and Blood Flow Following Cold Stress.

Abstract
目的:今回の研究は、冷えに敏感な女性を対象として冷水暴露後の体表面温と血流の回復の程度を評価することです。

方法:32人のボランティアを対象にランダム化二重盲目試験の形で行いました。対象に、アムラを含むサプリメントもしくはプラセボを内服してもらいました。内服後2時間での冷水暴露後の体表面温と血流の回復について評価しました。

結果:アムラ抽出物を内服した群では体表面温と血流に有意な差が認められました。

結論:アムラ含有サプリメントには寒冷暴露後の体表面温と血流の回復を促進しました。この結果はアムラ抽出物が「冷え」を感じている人には有益なサプリメントである可能性を示しています。


Introduction
日本女性の1/3は冷えを感じていると言われています。男性よりも女性のほうが「冷え」を感じる割合が高く、年齢が上がるにつれて増加します。(一部省略)

Amla(Emblica officinalis Gaertn.)は何百年にも渡って重要な木として知られてきました。アムラは熱帯地方やインドやブルマの亜熱帯地方では一般的な木です。アムラは豊富なビタミンC、タンニンやgallic acid、ellagic acidといったポリフェノール、ケルセチンといったフラボノイド系を含んでいます。伝統的医療で、それは下痢や黄疸、感染などに対して使われます。(一部省略)

アムラは抗酸化物質としての側面も持っています。[13]in vitroでアムラは過酸化脂質を抑制してヒドロキシラジカルもしくはスーパーオキシドラジカルのスカベンジャーとして働く可能性が示されています。[14,15]


対象
20-40歳の健康な日本人女性85人としました。

Table2に該当する方(ワーファリン内服歴やすでにアムラを内服している場合、心機能検査などで今回の研究には不適だと思われた場合、今回の研究でアレルギーが出る可能性がある場合など)は除外しました。85人中、32人が対象となりました。過度の運動やダイエット、過食は避けるようにお願いしました。アルコール、お茶やエナジードリンクなどは摂取しないようにお願いしました。コーヒーやキムチ、しょうがは測定までに1,2回は許容しました。


調べたサプリメント
2カプセルを内服してもらいました。1つのカプセルにアムラ抽出物(200mg)デキストリン(7mg)、ステアリン酸カルシウム(2mg)、そして二酸化ケイ素(1mg)が含まれています。一方、プラセボ群のカプセル内にはデキストリン(207mg)、ステアリン酸カルシウム(2mg)、二酸化ケイ素(1mg)が含まれています。


3、省略


4、測定方法
被検者に25℃程度の室内で安静にしてもらい、サプリメントもしくはプラセボ420mgを200mlの水で内服してもらいました。90分後、その室内で15℃の冷水に3分両手をさらしてもらいました。さらした直後、5分後、10分後の体表面温そして血流を測定しました。

以下省略


結果 
32人の被検者をX群とY群とに分けました。脱落者などがありX群17人、Y群14人で比較しました。交差試験の形をとるため、第1ピリオドではX群にアムラをY群にプラセボを内服してもらい、1週間のインターバルを置いたのち、X群にプラセボを、Y群にアムラを内服してもらいました。

Table3が研究前、31人の被検者のデータです。年齢、体重、収縮期血圧、拡張期血圧、脈拍数、体表面温、血流など、両群で差は認められませんでした。


第1ピリオド終了後
Fig.2は寒冷暴露後の体表面温の回復を示したものです。寒冷暴露後、アムラ内服群の手背の体表面温回復がプラセボ群より早いことがわかります。5分後の測定でアムラ内服群は2.37±0.09℃、プラセボ群は2.00±0.17℃の上昇が認められ、その上昇の差は有意なものとなりました。指の血流に関しては、アムラ内服群では5分後の時点で12.33±0.69となり、プラセボ群の10.07±0.59と比較して有意に高いものとなりました。

第2ピリオド終了後の血流試験結果は明らかに違うものとなったため、交差試験の結果は評価できるものではないと結論付けました。
重大な副作用は確認されませんでした。


Discussion
(要約)アムラはビタミンCやガーリック酸、エラージック酸などといった抗酸化物質を含んでいます。局所を冷やすことによる皮膚の血管収縮はアドレナリンやノルアドレナリンメカニズムによっておこるものです。

そして、寒冷暴露早期(10分未満)ではすぐの血管収縮を引き起こすのはNE(ノルエピネフリン?)が惹起すると言われています。この反応は抗酸化物質によって緩やかとなることがわかっています。アムラは強力な抗酸化作用を有しており、その作用によって体表面温の回復や血流の増加を早めているのかもしれません。

その他のメカニズムの可能性として内皮NOの働きがあります。NOはNOS(NOシンターゼ)によって活性化され局所の血管収縮に関与し、皮膚温の上昇をもたらすことが分かっています。NOSはポリフェノール類によって活性化されます。よって、ポリフェノール類は血流を改善し、冷えの症状を緩和する可能性があります。

(一部省略)Karazawaらは、ミロスタゾール(血小板凝集作用と血管平滑筋弛緩作用のある薬)が冷水ストレスによる皮膚温の回復を早めたことを報告しています。[35]この結果により血小板凝集作用と皮膚温には関連性があることがわかります。

我々の研究ではアムラのcorilaginやその他のellagitannin componentsはin vitroでトロンビンによる血小板凝集を抑制し、それによりAPTTやPT時間を延長させることがわかっています。[36]

つまり、アムラには抗血栓作用があるということです。このellagitanninの作用によりアムラには寒冷暴露後の体表面温の回復作用があると考えられます。(以下省略)



以上、引用を終了。

日本のサプリで、アムラが入ったものはそれほど多くありません。

そんな中でもお勧めできるのは

キロンのトーチ TORCHではないでしょうか。

ポリフェノール40%以上で標準化されたアムラ エキスが配合されています。


またキロンのトーチには、アムラのほか、心臓の健康に良いアルジュナ、
抗ストレスで定評のあるホーリーバジル、スマートハーブのゴツコラも配合されています。

ぜひ、あなたの反逆的精神を、熱く蘇らせて下さい。

キロンのTORCHはアマゾンでも手に入ります。
▼アマゾン
https://www.amazon.co.jp/

ストレス全般のマネージメントにおけるホージーバジル/ トゥルシー)(OciBest)の効果:二重盲目試験。

Efficacy of an Extract of Ocimum tenuiflorum(OciBest) in the Management of General stress:A Double-blind,Placebo-Controlled study.
PMID: 21977056
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=21977056


Abstract
ストレス全般のコントロールにおいてOciBest(ホーリーバジル抽出物)の効果を明らかにするためにランダム化二重盲目試験を行いました。

6週間にわたって、79人に対してプラセボを、71人に対してOciBestを投与しました。ストレスに関連する症状の度合いをa symptom rating scaleを使用し、内服前、内服中2,4,6週目で評価してもらいました。内服6週間後、忘れっぽさや性に関する問題、ノイローゼだと感じる頻度、睡眠障害の頻度といった症状スコアがOciBest投与群で有意に減少しました。(P<0.05)

さらに、全体の症状スコアもプラセボ群と比較して減少していました。

OciBest投与群ではプラセボ群と比較して1.6倍もしくは39%以上もの有意な改善が認められたのです。

この研究中、投与による副作用は認められませんでした。この研究でOciBestの内服は効果的であることが分かったのです。


本文(引用文献は上記リンクを参照)
Introduction
ストレスについて(省略)

Ocimum tenuiflorum Linn.はTulsiもしくはホーリーバジルとして知られており、シソ科に属しています。アユルベーダではO.tenuiflorumはアダプトゲン/抗ストレス効果があると言われています。[14]様々な効果が認められています。[15-20]

O.sanctumは脳内のカテコールアミン・モノアミンオキシダーゼの低下を予防し、ドパミンや5-ヒドロオキシトリプタンを増やすことが確認されている。[21]

Bahattacharyyaらは全般性不安障害の患者に対して2か月間O.Sanctum(500mg/カプセル、2回/日)を投与しO.Sanctumの効果を証明しています。[22]

方法
対象者:同意を得た18歳から65歳の健常人でTable1(頭痛、安静時の動悸感、霧視など)の14の項目のうち少なくとも3項目に当てはまる人を対象としました。

心疾患、肝疾患、腎疾患、脳疾患、アレルギーを持っている人は除外しました。ランダム化二重盲目試験の形で研究を行いました。

プラセボ群とOciBest投与群とに分け朝食後に1カプセル、夕食後に2カプセル(総量1200mg)を内服してもらいました。内服前と内服2,4,6週でTable1の症状があるかどうか調査しました。


結果:
158人が対象となりました。
プラセボ82人(男性45人、女性37人)、OciBest投与群76人(男性44人、女性32人)2群の間に男女比や年齢、体重、脈拍数、血圧などで差はありませんでした。

2群の症状スコアについてまとめたものがTable3です。
投与前、すべてのスコアにおいて両群間で有意な差は認められませんでした。

どちらの群においても平均スコアは減少傾向を示しましたがプラセボ群ではいくつかの項目(「親しい人を避ける)、「約束を忘れる))で症状が続いているだけでなくなく、「霧視」や「知覚異常」、「睡眠障害の頻度」といった項目では悪化する場合もありました。

投与前と、投与2,4,6週を比較した場合、OciBest投与群では「性に関する問題」以外のすべての項目の平均スコアで有意な減少が認められました。

一方、プラセボ群では「異常聴覚(耳鳴りなど)」、「性に関する問題」、「知覚異常」、「親しい人たちを避ける」、「約束を忘れる」といった項目ででは有意な差は認められませんでしたが、「頭痛」、「安静時の動機感」、「胃腸症状の頻度」、「ノイローゼだと感じる頻度」「睡眠障害の頻度」といったいくつかの項目で改善が認められました。

また、投与前と投与後4,6週後の比較で「霧視」や「忘れっぽさ」、「イライラした態度」といった症状で改善が認められました。さらに投与前と投与後6週の比較で「いつもとは違う態度(感情?)」の項目で改善が認められました。

OciBest投与群では、投与2週目と投与4,6週目での比較で「頭痛」、「安静時の動機感」、「胃腸症状の頻度」、「睡眠障害の頻度」の項目で有意な減少が認められました。

また、投与2週目と投与6週目の比較で「忘れっぽさ」や「性に関する問題」、「イライラした態度」、「ノイローゼだと感じる頻度」の平均スコアで有意な減少が認められました。

一方プラセボ群では、投与2週目と投与4,6週目を比較するといくつかの項目(「胃腸症状の頻度」や「ノイローゼだと感じる頻度」「睡眠障害の頻度」)を除いて有意な差は認められませんでした。

投与4週目と投与6週目の比較で、OciBest投与群では「忘れっぽさ」や「性に関する問題」「イライラした態度」「ノイローゼだと感じる頻度」「睡眠障害の頻度」の項目で有意な減少が認められました。

一方、プラセボ群では「イライラした態度」以外のすべての項目で有意な差は出ませんでした。

両群を比較すると、投与2,4週での効果は両群で同じだった一方、投与6週目では「忘れっぽさ」や「性に関する問題」、「ノイローゼだと感じる頻度」、「睡眠障害の頻度」の項目でOciBest投与群に有意な改善が認められました。

研究終了時、両群を比較すると、OciBest投与群がプラセボ群に比べて、症状の総スコアで有意な減少が認められました。

プラセボと比較してOciBestの効果がすべてのストレス項目で認められたのです。OciBestの効果はプラセボ群と比較して39%(1.6倍)高いという結果が出ました。

どちらの群においても有害事象は確認されませんでした。



以上、引用を終了。

ホーリーバジルはアダプトゲンに分類されます。

一種類のアダプトゲンを用いるか?

多種類のアダプトゲンをブレンドして用いるか?

その二つは効力が異なります。


前者は、ストレスに対抗するようカラダを働かせ。

後者は、ストレスに順応するようカラダを働かせる、というような違いです。


厳しいストレス環境への適応を期待するなら、
アダプトゲンは、複数をブレンドして用いるほうが良いでしょう。

ストレス、うつ、睡眠 マネジメントにおいて、
キロンのコンセント CONCENT は、定評のあるスマートサプリのひとつです。


アダプトゲンとして、
ホーリーバジル、エレウテロ(シベリア人参)、ロディオラ ロゼアが配合されています。


加えて配合されているビンカマイナーエキスは、
集中力と記憶力へのサポートにもなる。


耐え難いストレス状況を乗り越えたい方は、
キロンのコンセント CONCENT を検討してみてはいかがでしょうか。

アマゾンや楽天で入手可能です。

新concent %282%29

このページのトップヘ