高麗人参エキスがニューロンの死滅を抑える可能性のあることは、以前ここでもご紹介しました。


「興奮毒性死」をおさえるはたらきについてです。


加えて高麗人参エキスは、アセチルコリンの代謝にも良い影響をおよぼすようです。


下記の研究論文は、高麗人参エキスにふくまれる活性成分ジンセノサイド Rb1 が、アセチルコリン・リリースを増やし、記憶力の低下をふせいだと報告しています。


「中枢神経系のコリン神経終末におけるコリン取り込みへのginsenoseidesの影響」
PMID: 1338897 Actions of ginsenoside Rb1 on choline uptake in central cholinergic nerve endings.
www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=1338897


脳内でアセチルコリンが作られる際、リサイクルの仕組みがはたらきます。


シナプスからアセチルコリンが放たれる、と同時に、放出されたアセチルコリンを分解するための酵素も動き出します。


アセチルコリンは分解されてコリンにもどります。


コリンは細胞内に取り込まれ、アセチルコリンへと合成される。


高麗人参エキスの活性成分は、そのときコリンの取り込み量を増やす助けとなるようなのです。


また、上記の研究論文は、アセチルコリンの放出量は急性では増えず、高麗人参エキスを三日間摂り続ける必要があった、と報告しています。



日本製のスマートサプリなら、高麗人参エキスが配合されている SWITCH が良いでしょう。

SWITCH の ストアは

▼SWITCH の Amazonページ
https://www.amazon.co.jp/dp/B0095GON76


神経伝達XSmall