反逆者のための
サプリメント日記

スマートサプリメントのご案内。

「イチョウ+ジンセン=集中力」 について、補足です。


なぜ、レッド・ジンセンなのか? 


レッド・ジンセンには、Ginsenoside Rg3 が含まれているからです。


ジンセンの神経細胞保護効果について書かれた優れたレビューは、その網羅するエビデンスの数と分かりやすさ点で、下記のレビューだと思います。

   「Ginsenosides: Are Any of them Candidates for Drugs
        Acting on the Central Nervous System?」
                                    PMID:18078425


このレビューは高麗人参エキスのニューロン保護作用についてのものです。


「興奮毒性死」 は、ニューロン死滅因の一つです。


詳細は、割愛させていただきますが、それはめずらしい現象ではなく、日常のストレスでも生じます。

高麗人参エキスは、その「興奮毒性死」を抑えることが期待できます。


「興奮毒性」 に対しては、Ginsenoside Rg3 が高い効果を発揮するという報告がありました。


これはレッド・ジンセンに含まれた有効成分です。


しかし高麗人参エキスは、その Ginsenoside Rg3 だけが神経細胞保護効果を持つのではありません。


ホワイト・ジンセンも有効な活性成分を多く含んでいます。


ちなみに日本で Ginsenoside Rg3 を含むサプリメントは存在しません。

それは医薬成分だからです。





キロンの SWITCH には、サプリメントとして配合できる高麗人参エキスを、2カプセル中に 200 含んでいます。

この高麗人参エキスは、総ジンセノサイド及び マロニルジンセノサイド7.0%以上、ジンセノサイドRg1 0.9〜1.4%、ジンセノサイドRb1 1.7〜3.0% 含有というスペックです。

十分に効果は期待できます。

またほかにも、イチョウ葉、ホスファチジルセリン、バコパも配合さています。

SWITCH は日本を代表するスマートサプリメントであるといえましょう。

SWITCH のストアは
▼SWITCH の Amazonページ
https://www.amazon.co.jp/dp/B0095GON76


iStock_000011839672XxSmall


イチョウ葉エキスと人参エキスの組み合わせが ADHD の症状を緩和させたとの報告を、簡単にご紹介しましょう。




「人参エキス(Panax quinquefolium)(200mg) とイチョウの抽出物(50mg) の

複合ハーブ製剤 (AD-FX;CV Technologies、エドモントン、Alta.) の注意欠如多動性障害 (ADHD)の徴候を改善するその能力を試験しました」

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=11394191



そしてその結論:

「これらの結果は AD-FX 投与が ADHD の症状を改善する可能性があり、人参とイチョウエキスの使用の更なる研究をしなければならないことを示唆します」

ちなみにこの実験で使われている人参エキスとは、アメリカ人参エキスですが、これを日本で試す場合には、高麗人参エキスに替えることができます。その二つは主要な活性成分が同じだからです。


ADHD を改善したい方は、この二つの組み合わせを試してみてはいかがでしょうか。


そして日本製のサプリメントでお求めなら、キロンの SWITCH が良いでしょう。

SWITCH には、イチョウ葉エキス、高麗人参エキス、ホスファチジルセリン、パコパモニエラエキスが最適量で配合されています。


それらのすべてが ADHD の改善が期待できる植物エキスです。


キロンの SWITCH のストアは
▼SWITCH の Amazonページ
https://www.amazon.co.jp/dp/B0095GON76


iStock_000011839672XxSmall

このページのトップヘ